彼岸島(22)

個数:1
紙書籍版価格 ¥607
  • Kinoppy
  • Reader

彼岸島(22)

  • 著者名:松本光司【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2015/03発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063616200

ファイル: /

内容説明

「臆(おく)するなっ! ワシに続け!」 吸血鬼との全面戦争で まず1勝をあげた人間軍。その主力として戦う明へ吸血鬼を指揮する雅(みやび)から一通の手紙が舞い込む。「天狗岩にて待つ」 明らかに罠(わな)とも思えるその誘いに応じ、明は独り敵陣の鍾乳洞(しょうにゅうどう)へ乗り込む!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

コウメ

28
ユキが本当に明のことが好きになった瞬間、48日後は西山だし、ケンもいるはずなのに色々と心変わりが速いユキやな2020/11/26

読み人知らず

8
本当は好きだったのチューは軽いものにしてよ。糸を引くって完全にディープですやんか。。。なにしてんだ。。。2015/07/16

たぬきごんべい@漫画

6
ユキの情熱はすごい。ケンちゃんかわいそう。 罠としっていても立ち向かうアキラ。2017/10/18

十六夜(いざよい)

6
師匠の娘を救出する為に雅の呼び出しに応じたアキラだったが、それは雅が里を急襲するための策略だった。全てを悟ったアキラは里に向かおうとするが、雅が立ちはだかる。姫再登場。アキラは雅を倒して里に戻れるか。2013/10/24

文吾

4
★★★/明と雅が戦闘。そんなことよりドサクサに紛れてユキが明にちゅーしたよ。ケンちゃんラブだったんじゃないのか( ー̀ωー́ )。明、有頂天。。ケンちゃん不憫だなぁ。(t)2021/01/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/527468

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。