新・人間革命26

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,337
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

新・人間革命26

  • 著者名:池田大作【著】
  • 価格 ¥734(本体¥680)
  • 聖教新聞社(2018/01発売)
  • 春 満開!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~4/21)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

戸田城聖の後を継ぎ、創価学会第三代会長となった山本伸一の峻厳な「弟子の道」が綴られている。日蓮大聖人の仏法のヒューマニズムの光をかかげて、世界を舞台に繰り広げられる民衆凱歌の大河小説。
<各章の概要>
【厚田】1977年10月、地域に開かれた“人間蘇生の憩いの広場”として創価学会初の墓地公園が北海道に。
【法旗】1978年1月、広布第2章の「支部制」が発表され、学会は新たな前進を開始。伸一の激励行は愛媛へ。
【勇将】香川・四国研修道場、奈良・明日香文化会館を訪問。香川ではハンセン病医師の支部長が奮闘。
【奮迅】東京・方南支部が全国初の結成大会。伸一青年の川越地区講義を通して支部発展の原理を示す。