ベース・マガジン 2020年4月号

個数:1
  • Kinoppy

ベース・マガジン 2020年4月号


ファイル: /

内容説明

*印刷版に付録しているダウンロード・カード対応の音源は、電子版をご購入の方にもお楽しみいただけます。詳しくは「音源ダウンロード利用ガイド」のページをご覧ください。*著作権の都合上、電子版にはBM SELECTED SCORES「レッツゴー!!ライダーキック」(藤浩一)、「W-B-X ~W-Boiled Extreme~」(上木彩矢 w TAKUYA)、「REAL×EYEZ」(J×Takanori Nishikawa)の楽譜は収録されておりません。また、紙の雑誌と内容の一部異なる場合や収録されていない画像があります。あらかじめご了承ください。*この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

表紙:アンペグ

■SPECIAL PROGRAM(ダウンロード音源対応)
Ampeg ━━王道の理由

ベーシストとって定番アンプのひとつであり、一度は触ったことがあるといっていいほどにベーシストに浸透しているアンプ・ブランド“Ampeg”。大型ベース・アンプの先駆けであり、今なお王道モデルとして存在感を誇示している同ブランドを表紙巻頭約40ページにて大フィーチャーする。

● HERITAGE 50TH ANNIVERSARY SVT×中村和彦 (9mm Parabellum Bullet)
● History of Ampeg ── 王道にたどり着くまで
● Ampeg Users Interview J、磯部寛之 ([Alexandros])、三浦淳悟
● アンペグ・ユーザー座談会“アンペグを鳴らす理由”
イガラシ (ヒトリエ)、岡部晴彦、合田悟 (LUNKHEAD)
● プロ・ベーシストが答える最前線のアンペグ・アンプ事情
● 現行ラインナップをチェック! 揺るがないアンペグ・ブランドの実力
● リハスタ/ライヴハウスの定番機 SVT-3 PROを使いこなす!
● アンプだけじゃない! 現行ペダルを有江嘉典がチェック
● “The Ampeg Guy”が語るアンペグ

■Featured Bassists
川上つよし(東京スカパラダイスオーケストラ)

デビュー30周年イヤーを駆け抜けているスカパラこと東京スカパラダイスオーケストラ。国内はもとより海外でも評価の高い屈指のライヴ・バンドのボトムを堅実に支えてきたミスター・ベースマンに、30年の軌跡を聞く!

■奏法特集
黒く弾く!(ダウンロード音源対応)

ベーシストにとってひとつの憧れである“黒人のグルーヴ”。独特のノリと間、それを体得するにはどのような要素が必要なのか? 本誌奏法特集ではお馴染みのベーシスト、前田“JIMMY”久史が細かなポイントまで徹底指南する。

■Bacchus Guitars×H.J.Freaks

■インタビュー
玲夏(ダウト)
高木祥太(BREIMEN)
mACKAz(DracoVirgo)
ヤマダナオト( t )
石坪泰知(FOUR GET ME A NOTS)
長谷川正(Plastic Tree)

■連載セミナー
◎低音合奏 武田祐介(RADWIMPS)
◎バカテク・スラップ道場 フクダヒロム(Suspended 4th)

■連載
◎ウエノコウジ
◎アユニ・D(BiSH/PEDRO)
◎ニッポンの低音名人:高橋 ゲタ夫(中篇)
◎グッドモーニングアメリカ たなしんの『タナブロ出張版~ベース最高峰への道~』2nd Season

■四谷低音倶楽部
ナガイケジョー、かわいしのぶ、高松浩史、吉田大八、あいにゃん、高水健司、マーガレット廣井

■THE AXES
miho(LOVEBITES)

■MY DEAR BASS
meN-meN(コドモドラゴン)

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数42件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす