ベース・マガジン 2016年12月号

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

ベース・マガジン 2016年12月号

  • 著者名:ベース・マガジン編集部【編】
  • 価格 ¥814(本体¥740)
  • リットーミュージック(2017/10発売)
  • もうすぐ師走!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 175pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

*この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※著作権の都合上、電子版には一部の譜例を除き楽譜は収録されておりません。あらかじめご了承ください。

【SPECIAL PROGRAM】
映画『JACO-ジャコ-』公開記念!
重要人物が語るジャコ・パストリアスの魂
featuring
ロバート・トゥルージロ(メタリカ)
中村梅雀

[LOUD PARK16 SPECIAL INTERVIEWS]
轟重低音百花繚乱
メタル・シーンを彩る7つのヘヴィネス
featuring
ニッキー・シックス(SIXX:A.M. )
ジェフ・ピルソン(DOKKEN)
ピーヴィー・ワグナー(RAGE)
マイク・ダントニオ(KILLSWITCH ENGAGE)
マーティン・ニールセン(DIZZY MIZZ LIZZY)
ジャック・ギブソン(エクソダス)
ロード・アーリマン(ダーク・フューネラル)

[奏法企画]
「ドナ・リー」で学ぶジャズ・アプローチ

[THE BASS INSTRUMENTS]
60年代ジャズ・ベースの真実
ヴィンテージ・フェンダー・ベースのなかでも、特にベーシストに人気のあるモデル。それが、かのジャコ・パストリアスの愛器でもあった1962年製のジャズ・ベースだ。本家フェンダーからも同年製のリイシュー・モデルが発売されるなど、誰もが認める名器中の名器として不動の地位を獲得しているこのベースを、改めて大解剖。文字どおり、1962年製ジャズ・ベースを分解して大解剖してしまった(?)永久保存のグラビアほか、実際に62年製ジャズ・ベースを使用している河辺真と高野順(ヴィンテージ・ギターズ)との対談などから、なぜ、本器が“最高峰のジャズ・ベース”と称されているのかを明らかにしていく。

■Blast Cult×Ju-ken
時代を切り拓く異端児たちの邂逅
“音楽”をひとつのカルチャーと捉えるならば、音を出すための道具である“楽器”にも、そのセンスを宿っているはずだ。そして楽器を作るのは職人であり、その職人のセンスが楽器に現われるのは至極当然のことである。ここで紹介するブラスト・カルトもまた、存在自体がひとつの“カルチャー”と言える。野獣ベーシスト、Ju-kenとのコラボレートにより、その魅力を感じてもらいたいと思う。

■Dingwall Designer Guitars

■INTERVIEW
森夏彦(Shiggy Jr.)
井澤惇(LITE)
ディック・ロウグレン(メシュガー)
御供信弘(リエ&パーティーモンスター)

■連載奏法セミナー
偉人のスタイル研究所
小松秀行の 本当にエロいソウル・ベースの世界(仮)
和佐田達彦の 12人の達人ベーシストに学ぶ、表現力の育て方
織原良次の ジャコから学ぶ、ベースを弾くための基礎知識

■INFORMATION

■四谷低音倶楽部
ナガイケジョー、かわいしのぶ、エドガー・サリヴァン、ハマ・オカモト、高水健司、津原泰水、まつだひかり

■NEW PRODUCTS
ベース関連の新製品紹介

■MY DEAR BASS
メイ(DOG inTheパラレルワールドオーケストラ)

■THE AXES
清水興(NANIWA EXPRESS)

■お宅のエフェクター・ボード拝見!
侑威地(ROTTENGRAFFTY)

■BASSMANS LIBRARY
CD/DVD/ビデオ・レビュー、etc.

■BBC
ベーシスト必見のインフォメーション・コーナー

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数45件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす