ベース・マガジン 2017年7月号

個数:1
  • Kinoppy

ベース・マガジン 2017年7月号


ファイル: /

内容説明

*この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※著作権の都合上、電子版には一部の譜例を除き楽譜は収録されておりません。あらかじめご了承ください。

■表紙:JIRO(GLAY)

■FEATURED BASSSIST
JIRO(GLAY)
2年半ぶりとなるGLAYのニュー・アルバム『SUMMERDELICS』が7月12日にリリース決定! さらに、2017年秋に全23公演23万人を動員する大型アリーナ・ツアー「GLAY ARENA TOUR 2017“SUMMERDELICS”」の開催も発表! 4月からスタートしたホール・ツアー「GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2017 -Never Ending Supernova-」では、金沢公演でJIROが体調不良により欠席するという話題もあったが、今回は、その振替となる5月24日の公演で使用された機材も紹介する。夏のニュー・アルバム、そして秋から冬にかけたアリーナ・ツアーなど、2017年を駆け抜けるGLAYのJIROに、その意気込みをたっぷり聞く。
撮影:笹原清明

■THE BASS INSTRUMENTS
華麗なるベース・オクターバーの仕業
近年、音楽シーンにおいて生楽器による電子的なサウンド・アプローチが増え続けるなか、ベーシストが放つサウンドにおいてもひとつのトレンドとなっている。なかでも、オクターバーをシステムに組み込み、ほかのエフェクターと併用して作るシンセ的なサウンドは、近年のさまざまな楽曲で聴くことができる。本企画では、Yasei Collectiveの中西道彦やWONKのKan INOUE、そしてampelの河原太朗や日向秀和といった、オクターバーを使用して独自のサウンドを放つベーシストからその活用方法を聞くことで、2017年度版の最新エフェクティヴ・サウンド事情を提示する。

■SPECIAL PROGRAM
最新インタビュー&奏法分析
フランシス“ロッコ”プレスティア
5/21(日)~5/23(火)にかけて来日公演を行なったタワー・オブ・パワー。そのアンサンブルを支えるベーシストが、フランシス“ロッコ”プレスティアである。押弦する左手を活用してミュートを行なうロッコの奏法は、バンドのグルーヴを生み出すなかで大きなポイントとなっている。ここでは、ロッコの奏法を改めて分析し、新たな世代に対して、ひとつの表現方法として取り入れてもらう。また、最新インタビューも決行、ロッコの音楽観に迫る。

■INTERVIEW
サンダーキャット
休日課長(ゲスの極み乙女。/DADARAY)
櫻井哲夫
YUCHI(sukekiyo)
亜太(KNOCK OUT MONKEY)
三島想平(cinema staff)
デイヴィッド・エレフソン×デイヴ・ムステイン(メガデス)

■MY DEAR BASS
小野裕基(wacci)

■THE AXES
明希(シド)
下野ヒトシ(Teatro Raffinato)

■NEW COMER FILE
大樹(音の旅crew)

■ベーシストと今夜も乾杯!
ハッピー☆アワー
第3回ゲスト:安井義博(OUTRAGE)、IKEPY(HER NAME IN BLOOD)

■VISUAL COLLABORATION ‾the second season feat.月野もあ(仮面女子)

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数45件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす