ベース・マガジン 2018年5月号

個数:1
  • Kinoppy

ベース・マガジン 2018年5月号


ファイル: /

内容説明

*この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

表紙:IKUO(BULL ZEICHEN 88)■FEATURED BASSIST
IKUO(BULL ZEICHEN 88)
超絶テクニックをふんだんに盛り込んだキャッチーなラウドロックを聴かせるBULL ZEICHEN 88。同バンドは、日本屈指のテクニカル・ベーシストとして圧倒的な支持を得ているIKUOの、複数のバンド/サポート・ワーク/セッションと多岐にわたる活動のなかでもホームであり、ベーシスト/作曲家/編曲家としての趣向が100%表現される場所である。待望のメジャー・リリースとなった『アルバム2』を題材に、彼の現在地に迫る。

■THE BASS INSTRUMENTS
速弾き系セッティングに学ぶ 攻めの基本調整法
ハイ・テクニカル・プレイをスムーズにキメるには、やはり、その奏法をより弾きやすくするための調整を施すのがお薦めだ。ただし、そのハイ・テクニカル・セッティングも、基本調整がしっかりできていることが大前提。そこで今回は、超絶プレイをサポートしてくれるベース・セッティングを通して、その楽器を正しい状態にするための調整方法を勉強していこう!

■SPECIAL PROGRAM
時代を駆け抜けるSPEED☆KING
ベースを速く弾く。それは、本来のベースの役割からすれば、必ずしも必要のない要素かもしれない。しかし、そのスピードでしか表現できない感情やニュアンスがあり、そのプレイはいつも僕らを魅了してきた。今回は、ベース史を彩る歴代の速弾き自慢たちのプレイ・スタイルを、過去に本誌に残してくれた本人直伝セミナーや奏法分析などから再検証する。
◎登場ベーシスト
・ビリー・シーン
・スタンリー・クラーク
・ジャコ・パストリアス
・マーク・キング
・ヴィクター・ウッテン
・リチャード・ボナ
・マシュー・ギャリソン


■新連載1
グッドモーニングアメリカたなしんの
『タナブロ出張版~ベース最高峰への道~』

■新連載2
作って学ぶ仕組みと構造
エレキ・ベースができるまで
講師:鈴木 亮

■インタビュー
MAKOTO(HER NAME IN BLOOD)
前田恭介(androp)
大林亮三(SANABAGUN.)
厚海義朗(cero)
スグルスキル a.k.a.GuruConnect × ビートさとし a.k.a.リズムキルス(skillKills)
KEN(SA)
マーカス・グロスコフ(ハロウィン)

■四谷低音倶楽部
ナガイケジョー、かわいしのぶ、ハマ・オカモト、高水健司、津原泰水、WOMCADOLE、まつだひかり
■VISUAL COLLABORATION ~the second season feat. 月野もあ(仮面女子)
■MY DEAR BASS:RIO(Marys Blood)
■THE AXES:ヤマモトシンタロウ(LEGO BIG MORL)

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数45件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす