朝日文庫ソノラマセレクション<br> 吸血鬼ハンター26 D―シルビアの還る道

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy
  • Reader

朝日文庫ソノラマセレクション
吸血鬼ハンター26 D―シルビアの還る道

  • ISBN:9784022647122

ファイル: /

内容説明

貴族の城から暇を出された娘・シルビアを故郷まで護衛することになったD。なぜなら貴族の下で働いていた者は“擬似吸血鬼”になっている恐れがあり、彼女を始末しようと襲ってくる人間たちがいるからだ。その上、貴族の息子・ナイトフォールがシルビアを連れ戻そうと追ってきて、Dとの間で壮絶な戦いを繰り広げる。果たしてシルビアは“人間”か、それとも“擬似吸血鬼”なのか?また、彼女を追うナイトフォールの目的は!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

wata

51
絶対負けないDと思いながら読むので、安心感が…(^^)左手の声とDがいつも私の中でミスマッチなんだけど、それがないとD、喋んないからなぁ(笑)2018/05/06

くりり

44
故郷への帰還、Dの新たな超絶剣技、ちょっとイメージが沸かないし、どのシルビア?的な消化不良の所もありますが、Dなので(笑) 2018/03/11

おかむー

37
ずいぶん久しぶりの『D』は伝奇アクションとしては気持ちひかえめ。貴族に仕えた『帰還者』シルビア、貴族の実験台からの『帰還者』ヴァージニア、超古代の宇宙からの『帰還者』、シルビアを追う貴族ナイトフォール、それぞれの望郷の念と『故郷』への帰還という寂寥感ある軸が一本通っているので最近の『D』のなかでもよい感触の作品といえる。『よくできました』。今回の伝奇ネタとしては「専用者」ぱっとしない、「ナイトフォールの列車」イメージ的に今回の当たり、「Dの超剣技」おいおい「おまえといえど…」な技を結局三回も使うなよ(笑)2014/08/04

DONA

11
付き合うことに決めたこのシリーズ。今回はDの秘密も全く描かれず、敵の迫力もイマイチだった気がします。さあ次はどうなるのか!?2013/09/30

眠る山猫屋

10
相変わらず読みにくい(苦笑)端麗な文体なのは素晴らしいのですが… なんだか一冊完結だと、敵のキャラクターなどの書き込みが弱くて、印象に残らないのが残念。それでもラストの余韻は流石の感涙もの。2013/08/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7088869

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数53件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす