ギター・マガジン 2018年9月号

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

ギター・マガジン 2018年9月号

  • 著者名:ギター・マガジン編集部【編】
  • 価格 ¥712(本体¥648)
  • リットーミュージック(2018/08発売)
  • 2020読書週間 Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/3)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

*この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。*電子版では紙の雑誌と内容の一部異なる場合や、掲載されていない画像などがあります。あらかじめご了承ください。

表紙:トロピカル・スウィンギン!キューバ発、ブラジル行き。

■特集
楽園のギタリスト特集第2弾!
夏に聴きたいエレキ・ギターに 徹底的にこだわりぬいた
カリブ/中南米の名手を探す旅

大好評だった『ジャマイカ、楽園のギタリストたち』(17年9月号)の第2弾!今回はキューバを筆頭に、60~70年代のカリブ/南米で活躍したギタリストたちを紹介しよう。ちなみに特集名のトロピカル・スウィンギン!とは、ギター・マガジンが勝手に考えた言葉。ラテン由来のとびっきり明るいメロディと踊れるリズム、ジャンプ・ブルースよろしくワクワクするような高揚感、ジャズを匂わせるスリリングなソロさばきに、サーフ・ロックの爽やかなテケテケ&ビザール感などなど、楽園ギタリストの名にふさわしいキャラクターを持ったギター弾きたちのことを、そうカテゴライズしてみたのだ。登場するのは総勢20名以上。少々マニアックな存在ではあるが、ぜひ彼らの残したギター音楽を耳にしてもらえれば幸いである。それでは出発! トロピカルでスウィンギーな、まだ見ぬギター名手を巡る世界旅へ。

◎SPECIAL INTERVIEW 1
この夏、Yogee New Wavesがトロピカル・スウィンギン体験。
角舘健悟 × 竹村郁哉

◎SPECIAL INTERVIEW 2
勝手に命名!トロピカル・スウィンギン!とはこんなギター音楽だ!
吾妻光良 × ワダマコト

◎レコード・ジャケから探る!
トロピカル・スウィンギンの使用ギターはなんだ?

◎TRAVEL 1:CUBA
カリブ海に浮かぶ、 トロピカル・スウィンギンの聖地、キューバ

◎旅の寄り道:アメリカ最大のラテン・カルチャー
ニューヨーク イースト・ハーレム

◎TRAVEL 2:JAMAICA & TRINIDAD AND TOBAGO
熱帯にとろける、陶酔のカリビアン・サウンド
ジャマイカ/トリニダード・トバゴ

◎INTERVIEW
本人が語るスウィング・ギタリストとしてのアーネスト・ラングリン

◎TRAVEL 3:PERU
高地でもトロピカル・スウィンギン!ペルー

◎TRAVEL 4:BRAZIL
世界のスタンダードを生んだラテン・ミュージックの総本山、ブラジル

◎コンピ連動! キューバ産トロピカル・ギターの常套句

●The Instruments
READY FOR GUILD今、至高をその手に。

■INTERVIEW
◎DURAN
◎the GazettE

■PICKUP
◎ジャジィに楽しむ、ジャズマスター。feat.井上銘
◎凛として時雨の世界観を創造するTKの愛器を徹底解説!!
◎GM編集部、新Nancy渋谷店に行く

■New Products Review
◎GIBSON CUSTOM/Heavy-Aged 1968 Les Paul Goldtop
◎FENDER/PLAYER TELECASTER
◎ERNIE BALL MUSIC MAN/CUTLASS RS HSS
◎LINE 6/SHURIKEN VARIAX SR250
◎MARSHALL/ORIGIN5
◎VOX/MINI SUPERBEETLE
◎DIEZEL/ZERRER
◎BOSS/WL-50

■連載
◎AROMA 黒汁ギタリストたちのイラスト連載
◎トシ矢嶋のLONDON RHAPSODY
◎Opening Act SIX LOUNGE
◎ジャキーン!~『SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん』番外編
◎横山健の続・Sweet Little Blues
◎9mm滝のまたやっちゃいました~世界の滝工房から

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数51件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす