ギター・マガジン 2016年8月号

個数:1
  • Kinoppy

ギター・マガジン 2016年8月号


ファイル: /

内容説明

*この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※著作権の都合上、電子版には一部の譜例を除き楽譜は収録されておりません。あらかじめご了承ください。

表紙:フェンダー・ジャズマスター

■Special Program
逆襲のジャズマスター
アンチヒーローの覚醒、JMのすべて

“逆襲”なんて物騒なタイトルがついているが、本来、ジャズマスターは優しいヤツだ。なにせ、ジャズ市場向けに開発されたものである。だが、長い歴史の中で特にジャズマスターを好んだのは、パンクやオルタナ、シューゲイザー系のギタリストたち。ストラトやレス・ポールのような“権威的存在”とは異なるその佇まいが、トガったヤツらの精神に共鳴したのかもしれない。アンチヒーロー=ジャズマスターというわけだ。そして2016年現在、ジャズマスター弾きが増えている(らしい)。アウトローたちはもちろん、ヒットチャートを賑わす歌モノ・バンドやポップス、巷のライヴハウスや学園祭と、ジャンルもプロアマも問わずだ。そこで本特集では、ジャズマスターの歴史、年代ごとの仕様変遷、調整術などはもちろん、今、一体誰がどんな思いで手にし、どのように鳴らしているのか?という“現場感”にこだわった。本誌初の大ボリュームでお贈りするジャズマスター大特集を、とくとご覧あれ。

◎Chapter01 名手17人の愛器

會田茂一/浅井健一/飯田瑞規/INORAN/江口洋介/小川幸慈/川上洋平/小林祐介/すぅ/TakaakiraTakaGoto/田渕ひさ子/土屋昌巳/フジイケンジ/沙田瑞紀/美濃隆章/ヤマジカズヒデ/山本タカシ

国内ギタリストたちに、愛用するジャズマスターについて存分に語ってもらった。登場するのは上記の17名。世代やスタイルは違えど、いずれも名手の名に恥じない手練れのジャズマスター弾きたちである。彼らの愛器を特大サイズで掲載しているので、仕様、改造箇所はもちろんのこと、ピッキングのクセなどを物語るボディの傷まで、目に焼きつけてほしい。

◎Chapter02 プロのジャズマスター使いこなし術
◎Chapter03 JMオーナーズ・マニュアル
◎Chapter04 再録! 1964年製ジャスマスター徹底解剖
◎Chapter05 ジャズマスターを愛したギタリストたち
◎Chapter06 The Axis Gear Achives!
◎Chapter07 ジャズマスター学‾仕様変遷から探る大いなる物語
◎Chapter08 ジャズマスターの現在地~現行7モデル試奏

田渕ひさ子の成るなら鳴らねば 2016
ネルス・クライン(ウィルコ)

■Guitar Magazine × Fender
スペシャル・コラボ・テレキャスター“マンハッタン”登場!

■Guitar Magazine Championship vol.9
豪華賞品発表! ! !

■Interview & Gear
UNISON SQUARE GARDEN
indigo la End

■Interview
高崎晃

■連載
◎横山健の続SWEET LITTLE BLUES
◎トシ矢嶋のLONDON RHAPSODY
◎ジャキーン! ~『SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん』番外編(長田悠幸×町田一八)
◎吉野寿(イースタンユース)のヨノナカバカナノヨ

■プロ・ギタリストが実力をチェック! BOSS 技 WAZA CRAFT
■Musicians Institute Japan誌ギター・クリニック
■ESPギタークラフト・アカデミー×ギター・マガジン
『ギターLOVE!!コンペティション』結果発表
■THE DEEP AND DOPE~今最もイカすペダル・ブランドたち
Vol.4:Mad Professor
■スティーヴィー・サラス×フレイマス
■New Products Review