朝日文庫<br> 街道をゆく 〈32〉

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

朝日文庫
街道をゆく 〈32〉

  • 著者名:司馬遼太郎
  • 価格 ¥671(本体¥610)
  • 朝日新聞出版(2015/02発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784022644862

ファイル: /

内容説明

淡路島と四国をつなぐ大鳴門橋で念願のうず潮を眺め、一本釣り漁法やテグスを広めた堂浦の漁師の功績を思う「阿波紀行」。異端のため山を追われた元高野山座主、覚鑁が建てた根来寺から和歌山市へと歩いた「紀ノ川流域」。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壮の字

74
ちかくコミュでの会読を予定している『空海の風景』の準備として選ぶ。紀淡海峡をY軸に、ほぼ鏡像に注ぎこむ四国・吉野川と紀伊半島・紀ノ川に沿って遡りつつ、都から「ちょっとだけ」はずれた歴史に触れる。この「ちょっとだけ」がミソ、両地域の動向が日本文化に残した影響は思いのほか大きい。時代を動かしてきたのは、名の知れた英傑たちだけでなく、行き来した人々なんだろう。Google Earthで確認してみて、その対称性にため息が出てきた。四国から出て高野山に眠った空海その人は、この川の対称美に気づいていただろうか。2019/02/21

chantal(シャンタール)

64
今回の四国横断→淡路島→大阪と言う旅程に合わせて購入、ちょうど旅行の終了と共に読了。淡路と徳島の関係、淡路島はなぜ兵庫県なのか等々、断片的な知識が一本の線につながるような感覚でとても楽しい読書だった。阿波国と紀伊国と言うことで、真言宗にまつわる話題も多く、非常に興味深かった。登場するお寺の全てに、ご朱印帳を持ってお詣りしたい!2018/03/27

kawa

41
ゴ-ルデン・ウイ-ク中の図書館本読了で在庫ゼロ。急遽の誌上旅に出る。その行く先は阿波と紀ノ川、どちらも未訪の地だが、この本をお供にリアル旅をしたい。脇町・うだつの町、根来寺、和歌山城、日前宮、生駒・金剛山脈の寺院群をテイクノ-ト。阿波における「稲田事件」、戦国前期の三好氏が我が信州の小笠原氏の流れを汲む、家康と組んだため秀吉に滅ぼされた根来衆等初知り。余韻の冷めぬうちに雑賀孫一・主人公の「尻くらえ孫一」の再読も良いかな。2021/05/06

金吾

24
○行ったことがある場所が多く、その時を思い出しながら読みました。淡路、勝瑞、祖谷、根来の部分は特に生き生きしている感じがし、良かったです。その他の場所を含め行く前にこの本を読んでいたらなあと思わさせられる一冊でした。2021/02/09

マリリン

24
このシリーズ初読み。丁重に調べ上げ書かれた作品だと感じた。大日如来・名草...偶然にもバスで通過した所に名前があった。興味深く読んだのは、徳島県の読書について、氏・地名の由来、信長の食事を含め大正時代にドイツから入ってきたチーズやバターなどの食文化、建築・土木の事等、『紀ノ川流域』が面白い。特に最後の「森の神々」は幻想的な美しい情景が目に浮かんだ。2018/12/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/153863

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数41件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす