朝日新聞出版<br> 街道をゆく 35

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,034
  • Kinoppy
  • Reader

朝日新聞出版
街道をゆく 35

  • ISBN:9784022644893

ファイル: /

内容説明

まことに世界は神がつくり給うたが、オランダだけはオランダ人がつくったということが、よくわかる──いち早く自律主義や合理主義、近代的な市民精神を持ったオランダ。レンブラントやゴッホ、スピノザらを生んだ風土や日本に果たした役割を思う。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Book & Travel

45
オランダは江戸日本の唯一の貿易国として、日本史に大きな影響を与えた国。世界史においても、17世紀には海洋商業国家として一時代を築いた。「まことに少人数の市民国家だった」オランダがなぜそれほど繁栄したのか。各地を巡り、プロテスタント特有の自由と実利を重んじる市民気質に迫る旅に、司馬さんのこの国への深い関心と愛情が窺える。レンブラントやルーベンスら芸術家への造詣の深さも印象深い。後半はゴッホを辿る旅。生前は誰にも認められず、自己の魂を描き続けた天才の生涯は、司馬小説の多くの主人公に似ていて、読み応えがあった。2019/02/28

かず

22
オランダ。現代における日本との関係はそれほど強固なものではないが、江戸時代、出島においてヨーロッパとの唯一の通商国であったことが、我が国の歴史に及ぼした影響は計り知れない。オランダはプロテスタントがカトリック国 スペインから独立した国であり、市民革命のさきがけの国であったことに驚かされた。古くから海上での仕事、商業に力を入れた国であり、それがゆえに新教が受容され、旧習にとらわれない自由で現実を直視する気風が生まれた。現実を正しく捉え、正しく対応する。これなくして繁栄はない。この読書で深く胸に刻んだ。2019/07/27

時代

12
オランダ アムステルダムから旅は始まる。レンブラント、ルーベンス、そしてゴッホへと話は揺蕩う。オランダで芸術偉人に思いを馳せるなんて非常に贅沢だ。日蘭交渉史を経て旅は終わる。街道をゆくの相棒、須田剋太氏が亡くなった。次号よりあの挿絵が無いと思うと寂しさ一入である◎2018/12/21

CTC

9
09年朝日文庫新版刊、初出89年12月〜翌年8月の週刊朝日連載。須田剋太画伯は巻末にアムステルダムの運河を描いている。旅自体は89年10月頭頃で、画伯は90年7月に逝去されている。次の号でも画伯の絵は見られるだろうか(泣)。「十七世紀から十九世紀までの日蘭の交渉は世界史でもまれなほどに充実したものであった」と司馬さんが記す“オランダ紀行”。巻末に40頁ほど旅から離れた「日蘭交渉史・私記」が付記されている。オランダとの蜜月は維新によって、日本側から断ち切られる。「往時への筆者の多少の傷みから」記した、と。2018/05/08

VAN

6
オランダの旅。さすがヨーロッパらしく、国境遊びと称しクルマで1日ドライブしてオランダとドイツとベルギーを歩いています。フランダースの犬やゴッホに思いを馳せながら、最後には司馬先生らしく、江戸時代に我が国にとても大きな影響を与え、近代への素地を作った関係性について考えています。オランダから書物を通じて文化摂取しなければ、日本の近代はまったく違ったものになっていたとの見方は圧巻です。2014/05/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/413552

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数41件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす