朝日文庫<br> 街道をゆく 〈33〉

個数:1
紙書籍版価格 ¥858
  • Kinoppy
  • Reader

朝日文庫
街道をゆく 〈33〉

  • 著者名:司馬遼太郎
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • 朝日新聞出版(2015/02発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784022644879

ファイル: /

内容説明

平安朝の貴族や文人、芭蕉らの奥州への憧れの歴史から始まり、幕末の悲劇、会津藩に思いを巡らす「白河・会津のみち」。霊南坂や溜池付近を歩きながら、乃木希典の幼少期や高橋是清の人生などについて触れる「赤坂散歩」。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壮の字

59
学習めあては「北へ!」なので後半の「赤坂散歩」を先にたしなむ。江戸の他の地域より水道(樋)が遅く引かれた赤坂の住人は「溜池」の水を飲んでいた。私のイメージの中の関東平野はつるんとして水が溜まる起伏があるように思えないのだが....。そして奥の細道へと向かう。歌枕の白河の関をすぎ奥羽山脈を越えるころから司馬さんの語りに熱が入りはじめ、「街道をゆく」というより「かの国(会津)のかたち」になってしまっている。京で長州の体質を目にしたことにより、会津は改革の方針を執ったという。なるほど~の視点だった。2020/01/26

kawa

48
司馬先生の東北好きが全開の巻。人も、山下りん、徳一(とくいつ)、松平容保と未知の人、魅力的な人が多数。9月には那須から会津を旅行する予定だが大内宿をはじめ、訪ねる場所を如何に選択するかで嬉しい悲鳴。赤坂散歩も東京にすんでいたころ全く訪ねたことのない場所ばかり。取り上げられる場所が、わりに一カ所に固まっているので上京のおりの散歩コースとして楽しみがまたひとつ。2021/06/01

Book & Travel

44
相変わらずこのシリーズの内容の豊富さには脱帽。仕事等で何度か行ったことのある赤坂散歩から読んだが、豊川稲荷ゆかりの大岡忠相、邸跡のある高橋是清、山王権現に関わったであろう天海など、いずれも興味深く長編で読みたくなる。氷川神社の地にあった浅野家屋敷と瑤泉院の話は切ない。一方、白河・会津は訪れたことがないが、平安貴族たちの奥州こがれの歌にのっけから引き込まれる。北の抑えとなった丹羽長重や蒲生氏郷、会津から最澄と論争を繰り広げた徳一などこちらも話題豊富。最後は幕末会津藩。清廉篤実な会津人の悲劇が胸に残る。2016/09/21

金吾

28
白河も会津も興味ある土地ですので、楽しみながら読めました。丹羽氏の話や幕末の話が面白かったです。また徳一という人の存在に驚きました。赤坂散歩は赤坂の歴史がわかったような気になり良かったです。2021/03/13

Kazehikanai

25
歴史のあちこちの引き出しを開けては閉めながら、白河・会津と赤坂周辺を歩く。本作に出てくるのは、いかにも司馬遼太郎が好きそうな人物たち。松平容保、大岡忠相、乃木希典、高橋是清。ほかにも多数の人物群像。いったい何人登場しているのだろうか。最澄と徳一、東北の馬、土木、そば文化などの記述もいい。最も印象的だった日本史上最もと言っていいほど悲壮な会津の歴史への司馬氏の同情に心揺さぶられる。シリーズをあちこち何冊も読んできたが最近どれを読んでも、まことに気分がいい。今さらながら染まってきたかも司馬史観。2017/03/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/486685

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数41件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす