朝日文庫<br> 街道をゆく 〈41〉

個数:1
紙書籍版価格 ¥968
  • Kinoppy
  • Reader

朝日文庫
街道をゆく 〈41〉

  • 著者名:司馬遼太郎
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 朝日新聞出版(2015/02発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784022644954

ファイル: /

内容説明

縄文の昔は「まほろば」として栄えた本州最北端の地・青森を歩き、風土に即した生活とは何かを問う。太宰治が悲しき国と嘆いた津軽・南部・下北など、「けかち(飢饉)」に悩まされてきた地に、豊饒の歴史の鉱脈を探る。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壮の字

58
「この紀行は、長くなりそうである」そう、ブ厚いが。予習しながらやっと辿り着いたわけで、いまは逆にそのブ厚さがうれしい。本州さい涯てに伸びる街道を冬・夏の二回にわたって訪れている。かつてここには古代日本の中央をしのぐ豊かな楽園(=まほろば)があったという。それらはなぜ潰え、貧しさに転じてしまったのだろうか。たまたま(なわけないか?)三内丸山遺跡では発掘調査がなされており、一つの発見が歴史を塗り替える瞬間を体感している興奮が伝わってくる。旅の始終で太宰治『津軽』に絡んでいる。読んどいてヨカッタ。2020/02/18

さつき

44
タイトルがまず良いです。三内丸山遺跡に代表される縄文時代の繁栄のさまが目に浮かぶようです。また津軽と南部の違いが対比してわかりやすく書かれていて面白いです。以前、八戸出身の友人に「青森出身だよねー?」と聞いたら「うちは南部だから」と微妙な顔をしていたのを思い出しました。全編を通して太宰治の『津軽』に触れられることが多く興味を持ちました。学生時代に読んだような、読んでないような…忘れてしまったので、今度読もうと思います。2016/10/13

あきあかね

22
 素晴らしい場所、住みやすい処を意味する古語である「まほろば」。今の青森県にあたる津軽と南部、下北は、本州最北の地であり、冬は長く雪に覆われ、太宰治の『津軽』における圧倒的な凶作の年譜が示すように冷害や飢饉に永年悩まされてきた。そうした地に司馬遼太郎は豊穣を見出し、「北のまほろば」と呼ぶ。 縄文時代にあって、豊富な海の幸·山の幸をもとに20メートルもの望楼を擁する日本最大級の集落を築いた三内丸山遺跡。中世の下北の豊富な鉄を通じた北方のオホーツク文化との交流。近世になり、元来寒さに弱いコメが経済の中心に⇒2020/03/31

時代

15
東北地方は太古の昔豊かな土地だった。北のまほろばだったと。司馬さんは思いを馳せる。太宰治、棟方志功、マタギ、源義経、林檎、縄文式土器などなど。非常に興味深い。旅してみたくなりました◎2019/05/15

紫羊

14
青森には一度だけ行ったことがある。役目を終えることになった青函連絡船に乗るのが目的だったので、ほとんど素通りだったのが惜しまれる。司馬さんが訪れてから30年近くの時が流れて、北のまほろばはどうなふうに変わったのだろう。2022/05/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/541012

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数41件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす