ビッグコミックス<br> ラストイニング(31)

個数:1
紙書籍版価格 ¥576
  • Kinoppy
  • Reader

ビッグコミックス
ラストイニング(31)

  • ISBN:9784091841186

ファイル: /

内容説明

鳩ヶ谷監督にとっても記念すべき甲子園での初戦。4点のリードを保って終盤を迎えたサイガクナインだったが、相手はさすがに伝統校。長年、湊川商工(通称:M校)を率いてきた百戦錬磨の老将・有馬睦夫部長が繰り出すあの手この手とは…?地元・兵庫代表への大声援も重なり完全アウェー状態の甲子園で守勢に回るサイガクナインはその重圧に耐えられるのか…!?最後の最後まで目の離せない攻防は続く!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

PSV

10
つーより… 一度自由にしちまった犬を叩いて躾け直しても限界があるわな…叩かれた犬ってのは罰を恐れて主人の顔色を窺うようになっちまう。  ある意味気の毒なのは選手だよな。  ★★★☆☆  試合後のインタビューが興味深い。次は超攻撃的な熊っぽい監督の高校。2012/08/08

カラシニコフ

7
初戦は完全に監督対決。二回戦は、またあの脳筋打撃軍団みたいのか? ★★★★☆2017/03/22

読み人知らず

4
対戦相手は打撃バカかとおもわせきや、なんだかちょっと違います2016/03/17

sidebell(=^□-□^)ノシ←横鈴

4
甲子園編はやりすぎだねぇ まあ面白ネタがあればまだ行けそうでっせ。2011/12/11

ゴンカネ

4
『M校、目指すはこれからの勝利か目の前の勝利か。甲子園初戦の行方』『大豊、そのチームの本質は何処に』 面白い!! 初戦は聖母の後だけに、単なる通過点かと思いきや、考えさせられる一戦。一つの戦略スタイルを徹底していければ、強くなることは分かっている。が、今選手にそれは出来ない。でも勝たなければそこで今の選手の大会は終わる。どっちを取る・・・少しでも勝てる要素が残っているなら、そちらを取るべきではないかと私は思った。正直あの影の監督に憤りさえ覚える。が、それは一つの戦略の徹底の難しさに繋がるのだろうか。 後半2011/10/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4131591

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数44件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす