HJ NOVELS<br> ウォルテニア戦記XV

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

HJ NOVELS
ウォルテニア戦記XV

  • ISBN:9784798621517

ファイル: /

内容説明

北部動乱を勝ち抜き、占領した旧ザルツベルグ伯爵領を拠点とするため着々と手を打つ御子柴亮真は、シグニスとの会話から、迫りくる脅威の到来を予感する。ローゼリア王国の貴族院が、きっと亮真の戦争行為を罪に問うであろうと。貴族たちとの本格的な開戦に備え、亮真が次に面会を求めたのは豪商・クリストフ商会のシモーヌだった。そして、虜囚として監禁されていたロベルトはシグニスとの和解の果てに、ある決断をする。「小説家になろう」発の王道ファンタジー戦記、亮真に新たな敵と味方が現れる、第15巻!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こも 零細企業営業

25
伯爵領を占領し、北部10家の領地を蹂躙。それでも御子柴男爵家に取り立てられたのが、武家の2名と伯爵夫人の商家のみ。 それぞれが現状に折り合いを付けて御子柴男爵家の一員になるのだが、、その布石に10家の領民の扱い。女王と貴族達との戦いはどうなるのだろうか? 続きはいつになるかな?2020/03/21

よっち

24
北部動乱を勝ち抜いた御子柴亮真が、新たに領地とした旧ザルツベルグ伯爵領を着々と拠点にする第十五弾。一方的にやられたそこまで重要人物とも思えないロドニーの描写にこんなにページを割く意味があったのかとか、物語の物語の進行速度の遅さにはいろいろ言いたいこともありますが、北部一帯を支配下におさめた割には得られた人材は少なくて、シグニスと捕虜になったロベルト、伯爵夫人とその実家・ミストール商会くらいでちょっと厳しすぎる印象。ここで王国南部の貴族たちとの戦いになりそうですけど、もう少しさくさく進んでくれることを期待。2020/04/16

nawade

10
★★★☆☆ 前巻ほどではないが水増し感が強い。心理描写に頁を割くのはまだ良いけど、無駄な解説を延々と繰り返されているのを読むとストレスが溜まる。今回は特にその特徴が序盤で表れていて、ここまでシリーズを読んできた人ならともかく、初見の人なら確実に読むのを止めるレベル。Web版のストックが尽き始めているからなのか、作者の拘り7日はわからないが、作者もそうだが何故編集がこれを止めないのか理解できない。次巻以降展開される裁判シーンはWeb版でさえ引き伸ばし過多なので、これ以上の加筆は無しでお願いします。2020/03/21

5
ここしばらく、このシリーズに関しては爽快感が足りないと思う。ザルツベルグ伯爵のキャラは出会った時から変わり過ぎでは?2020/10/12

Abercrombie

4
驚きの薄さ&中身のなさ。雑魚キャラたちの内心吐露なんてどうでもいいから、とっとと先に進んでくれ~!2020/08/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15355723

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。