HJ NOVELS<br> ウォルテニア戦記XII

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

HJ NOVELS
ウォルテニア戦記XII

  • ISBN:9784798618869

ファイル: /

内容説明

着々と反乱への準備を進める御子柴亮真の手腕によって、混乱が広がるローゼリア王国。この際ルピス王女を見捨てようと考える貴族も現われ、王国の勢力は分裂していく。そんな中、亮真は未だその真価を見せない妖刀・鬼哭の声を聴く。そして、ローゼリアの内乱は、周辺の諸国にも影響を与え……。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

25
着々と反乱への準備を進める御子柴亮真の手腕により混乱が広がるローゼリア王国。状況の悪化が加速してゆく展開で亮真がついに立ち上がる第十二弾。分岐点でことごとく決断できなかったルピス王女の甘さが致命的だったのは間違いないですけど、股肱の臣二人の無能ぶりもホント残念過ぎる分、この時に備えてつつキーマンを押さえていく亮真はそつがなさすぎですね(苦笑)それにしても千人単位の激突で死者13人も破格ですけど、それをもたらしたのがほぼ二人というのもまた…彼らも籠絡されちゃいそうですけど。まずは内乱がどう決着するかですね。2019/05/22

こも 零細企業営業

19
女王ルピスの政治は全く上手く行って無い。その原因の全てはミハイルの助命と交換に内乱の原因の王の落胤の姫を王族として迎え、彼女を盟主にしていた侯爵を助命したのが全てだった。そのせいで国は乱れ。北部では新興の御子柴男爵軍。兵数1000名が、古参の伯爵家とその同盟の家々北部十家、総数兵数2000名と矛を交える。 2倍の兵数に味方の死者13名。あと全員は戦線復帰可能な怪我って無双じゃん。 その13名を殺害したのはたった2名の騎士‥ ところで伯爵側の被害は?どのくらい出たのだろうか?その辺りの描写が無かったな、、2019/03/22

7
お隣の伯爵家乗っ取り戦争。ちょっとウォルテニア半島の兵が強すぎる印象。御子柴君の謀略は必ず成功しちゃうしなぁ。もう少し読み違えて「やばい!」みたいな展開も見たいかな。ここから先は保身のためから覇業のための謀略になっていくので、多少読み違えるような余裕もあるので期待します。2019/04/28

Abercrombie

4
北部十家との戦い開始。持ち上げては落とし、落としては持ち上げる、作者のザルツベルグ伯爵評がどうにも定まらない。伯爵婦人、双刃の二人の心理描写も長くて、なかなか戦闘が始まらずいらいら。いずれも主人公側に寝返るキャラだから、その伏線を張らなきゃなのは理解できるけど、もうちょい手短にならないものかなあ。これから国盗りが待っているんだから、辺境の戦いごときに巻次を費やさないでくれ。2019/07/15

2
再読。御子柴君がどこへ行こうとしているのかよく分からん…。2020/10/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13604827

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。