角川文庫<br> 金田一耕助ファイル7 夜歩く

個数:1
紙書籍版価格 ¥616
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
金田一耕助ファイル7 夜歩く

  • 著者名:横溝正史
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • KADOKAWA(2012/05発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041304075

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

「我、近く汝のもとに赴きて結婚せん」という奇妙な手紙と佝僂の写真が、古神家の令嬢八千代のもとにまいこんだ。三日後に起きた、キャバレー『花』での佝僂画家狙撃事件。それが首なし連続殺人の発端だった……。因縁の呪いか? 憎悪、貪欲、不倫、迷信、嫉妬と、どす黒い要素が執念深くからみあって、古神家にまつわる、世にも凄惨な殺人事件の幕が切って落とされた!!

カバーイラスト/杉本一文

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nobby

174
『夜歩く』そのまんまなタイトルがいい。佝僂(せむし)や夢遊病、その時代錯誤な事柄にすっかりのめり込む。首無し連続殺人という惨殺の舞台となる古神家に溢れるのは背徳・欲望・淫靡やら因縁にまみれた狂喜。小説の様にと形容されるほど、思った通りに進みながら不気味さ漂わせる事態に翻弄される。これは犯人分かりやすいと勝利の快感に酔っていたら、見事にひっくり返され我敗れたり(笑)金田一耕助の遅めの登場やあまり活躍しない様さえ巧みな構成の一環とは恐れ入る。大半の人物が異常でありながら、陳腐にならず堪能出来るのも素晴らしい!2017/10/19

とも

149
背筋が凍る…の表現は言い過ぎかもしれないが、ここ最近の推理小説には及ばない怖さと奥深さが感じられた一冊でした。トリックにしても、謎解きにしても今の時代からみても遜色無く色褪せない輝きを魅せる横溝正史氏の一冊。2015/11/27

aquamarine

105
二人の佝僂男、首なし死体、夢遊病。横溝作品らしい雰囲気はそのままですが、なぜか今回金田一がなかなか出てこなくてやきもきしました。舞台を移してようやく金田一が颯爽と(?)現れ、ささっと新しい事実を暴いていく様には相変わらず感心させられます。思いがけない事実がわかった後、自分の頭の中でドミノが倒れるようにパタパタと色々なことが繋がっていく様は気持ちが良かったです。犯人の心境はいかばかりかと思いますが…。確かに有名な他作品と比べたら派手ではないかもしれませんが、ある意味今風のこの作品、私はとても好みでした。2017/06/28

HANA

86
令和最初の一冊も横溝正史で。考えていたトリックを『刺青殺人事件』に先を越された為デッサンが狂ったと言われているが、そのせいか逆に熱病に魘されたような異様な読後感がある。首の無い死体に因襲に囚われた一家、病的な登場人物に夢遊病に岡山と著者のエッセンスが凝縮された内容だし。真相こそ名前を出すだけでばれてしまう某作家の某有名作品を連想させるが、そこに至るまでの伏線がやはり見事。何より探偵小説家という主人公と探偵小説を書くという行為が意味を持っているのが堪らない。でもやはり本作も現在だと書く事が出来ないかなあ。2019/05/01

蓮子

85
ちょっと久しぶりに読んだ金田一シリーズ。見事に騙されました!ここまで騙されたら清々しいですね。横溝ワールド特有のドロッとした世界観もやっぱり好き。和製ゴシックだと思う。またしばらく金田一シリーズにはまってそうです。2014/05/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/553879

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。