角川文庫<br> 金田一耕助ファイル19 悪霊島(下)

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
金田一耕助ファイル19 悪霊島(下)

  • 著者名:横溝正史
  • 価格 ¥594(本体¥540)
  • KADOKAWA(2012/05発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041304686

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

金田一耕助の不吉な予感は適中した――。彼の依頼人である刑部島出身の大富豪越智竜平が、島に凱旋帰郷した直後、恐るべき殺人事件が発生したのだ。まず、刑部神社祭礼の夜、宮司が何者かに刺殺され、続いて宮司の双生児の娘一人が、人里離れた隠亡谷で絞殺死体となって発見された。事件解決に向けて、金田一と磯川警部は手掛かりをつかむべく、懸命に島内を探索し始めるが……!? 巨匠が最後に綴った、記念碑的作品!!

カバーイラスト/杉本一文

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

セウテス

77
下巻に入ると、様々な物事がサッーとテンポ良く動き出す。金田一の推理がいよいよ始まるのだが、何時も通り最後まで真相を明らかにしない。犯人や背景は、残念ながら伏線が語られるより遥か前に、こう言う事だろうと予測出来てしまう。終盤になり、金田一作品の名物とも言える大洞窟が現れ、思わずニンマリとなる。磯川警部の悲しい過去が、事件と関わって明らかになるという展開は、しみじみと心に残る。上巻で広げるだけ広げた怪奇設定が、きちんと説明されて収束するのは気持ちが良い。横溝作品の素晴らしさを盛り込んでいる、と思うと感慨深い。2017/06/23

TAKA

46
今作は磯川警部が主役でしたね。まさかの展開で、警部が事件の鍵を握るとは。今回は時代背景も高度成長期だったのもあるかもしれないが警察陣の活躍もすごかった。昔映画でみたのと原作がこんなに違ってたとは思わなかった。岩下志麻の巴御寮人は狂気過ぎたのか。横溝さんには洞窟は必須アイテムです。2019/01/29

りょうこ

42
面白かったです!金田一耕助シリーズはまるわぁ(笑)孤島とか洞窟とか、もう!ワクワクする!中盤でほとんどの謎はわかってしまったが、それでもラストまで飽きずに読了!この勢いで積んである金田一耕助シリーズ読むかな。2012/08/23

yucchi

41
出ました!洞窟!やっぱりハラハラするのは洞窟内だよね!という事で、耕助さん(横溝氏)は洞窟マニアのようですね(笑) 犯人は割とすぐ解るかと。むしろ「完全捜査読本」の人物相関図を見ながら読んだので、「やたら◯◯◯◯型が多いな」と思っていた。だって私も好きなんだもん( ̄ー ̄) 物語的には次の「病院坂~」が金田一耕助引退作になるが、横溝氏の金田一耕助シリーズ最後の作品。次に書かれる予定だった等々力警部物、等々力・磯川両警部物も読んでみたかった。2016/11/27

HANA

36
孤島、鍾乳洞、連続殺人、謎めいた美女と横溝正史の岡山物の集大成みたいな観がある。外界と途絶した孤島は『獄門島』を鍾乳洞は『八つ墓村』をそれぞれ思い出し、何となく涙ぐみそうに。巨匠の本格推理の原点はやはりここにあったのですね。それとかつて身震いするほど恐ろしかったあのシーン。本当に怖かったのは洞窟の奥に祀られた「アレ」ではなく、その周囲にあるオブジェクトだったということを十数年の時を越えて思い出した。やはり横溝作品は読書黎明期の思い出と密接に結びつきすぎて、つい夢中になって読んでしまう。2012/08/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/553904

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。