角川文庫<br> 金田一耕助ファイル16 悪魔の百唇譜

個数:1
紙書籍版価格 ¥572
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
金田一耕助ファイル16 悪魔の百唇譜

  • 著者名:横溝正史
  • 価格 ¥506(本体¥460)
  • KADOKAWA(2012/05発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041304280

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

深夜の高級住宅街に停まっていた一台の外車。パトロール中の警官がこの車に不審を抱いたのが醜悪な事件の始まりだった――。トランクの中には、胸をえぐられ、その血溜りに“ハートのクイーン”を浮かべた女の死体が詰め込まれていた……。関係した女たちの性癖を克明に記した「百唇譜」をもとにゆすりを働く悪魔のような男に挑む、本格長編推理!!

カバーイラスト/杉本一文

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

紫陽花

63
これも随分昔に読んだ本の再読。時代を感じさせます。「シャーロック・ホームズはいつもパイプくわえているし、コカイン注射するわよ」…。電車の「大踏切にゃ踏切番がいる」、「ガレージを持たぬひとたちは、家のまわりの路面のすみにパークしておく。」…。物語は偶然の連続で構成されています。防犯カメラや科学技術の発達した現代だとなかなか成り立たない構成です。時代は変わったと改めて感じました。2021/01/23

セウテス

57
〔再読〕放置車のトランクから、若い女性の刺殺体が見つかる。身元は現場近くの奥様と判明し、お手伝いの証言から怪しいトヨペットが止まっていたと分かる。しかし発見された車のトランクからは、またしても若い男性の刺殺体が出てきたのです。百唇譜とはジゴロ崩れの男が、関係を持った女性の唇紋や身体特徴等を、書き残したノートの事です。この男、百唇譜を盾に女性達をゆすっていた為、1年前に殺害されていたのです。横溝らしさは、薄い作品だと思う。多くの刑事達を登場させ、会話による展開を意識して、新しいスタイルを試した様に感じます。2015/08/21

みや

49
別々の車から二人の死体が発見された事件を謎解く金田一耕助の長編。女性の唇紋を収集した『百唇譜』が変態すぎて生理的に気持ち悪く、こんな発想を生み出す横溝先生が今まで以上に好きになった。殺人事件そのものよりも、こちらの方がインパクトが強い。「人の罪をあばくことをもって身のなりわいとしているじぶんというものに対して批判的になり、そこから自己嫌悪が生じる」メランコリーの描写が他作品よりも率直に書かれており、普段の朗らかな金田一先生とは違う一面が印象に残った。陽気なライバル関係である志村刑事とのやり取りが楽しい。2017/07/02

yucchi

45
いつの時代にも変な性癖の人っているんだなぁ。大先生はクズ人間を書くのがお上手(笑) 金田一シリーズは後半になると俗物的な動機が多くなってきている気がする。初期の頃のようなもっと重厚感溢れるのが読みたい。2015/11/26

geshi

42
タイトルにある百唇譜がえげつないものではあるが事件解決になんら関わらないのが肩透かし。犯行に偶然が働きすぎてアクシデントによる行き当たりばったりが目立ち、金田一が出張るような事件ではないだろうと思ってしまう。金田一耕介が事件を描き決するとメランコリーに陥り、そこから脱却するには新たな事件が必要な「名探偵」という呪いを明確に出してくるとは。刑事達のキャラクターが立っていて、金田一を捜査で補佐し、メランコリーを心配している関係性がちょっとした救いだな。2018/01/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/553892

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。