角川文庫<br> 金田一耕助ファイル19 悪霊島(上)

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
金田一耕助ファイル19 悪霊島(上)

  • 著者名:横溝正史【区分表記なし】
  • 価格 ¥594(本体¥540)
  • KADOKAWA(2012/05発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041304679

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

アメリカ帰りの億万長者から人探しを依頼され、岡山を訪れた金田一耕助は、久し振りに会った磯川警部と旧交を温めた。だが、それも束の間、警部の話から金田一の尋ね人が謎の言葉を残して怪死したことを知る。さらに依頼人越智竜平が、出身地の刑部島に建設中の一大レジャー施設をめぐり、島の人々から反感を買っていることを知って、金田一は前途に不吉な事件の予兆を感じるが……!?

カバーイラスト/杉本一文

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

セウテス

74
金田一耕助ファイル20、シリーズ25弾。金田一耕助最後の事件は「病院坂の首~」ですが、横溝先生最後の長編作品です。原点回帰がテーマなのだろうか、初期の良作の特徴を出そうとしている様に感じる。岡山の孤島が舞台で前後半に分かれている為、上巻は金田一と磯川警部の会話や、本作の設定の情景説明に頁をさいた感が強い。前半から、金田一の調査対象の男が死亡しており、シャム双児や孤島、神社、市子、鵺等々ミステリらしい語句がならぶのは、横溝作品らしいと期待感は膨らむ。しかし説明が剰りにも長い、伏線となるのはどれ位在るか心配。2017/06/22

TAKA

52
冒頭からシャム双生児。鵺の泣く夜。平家蟹。まさに横溝。おどろおどろしく幕開け。獄門島とおなじ瀬戸内の島、刑部島を舞台にした横溝最終章、磯川警部と金田一のコンビが嬉しい。後半から物語が動き始めようやっと殺人事件発生。下巻へ2019/01/26

yucchi

40
横溝ワールド炸裂の上巻。いかんせん登場人物が多くて「(´-ω-)ウム」となるが、先日読んだ「完全捜査読本」を横に置いているので安心(笑) 刑部家と越智家の確執、美女とそれを取り囲む男達。謎の蒸発と謎だらけ。終わり間近でようやく大きく事件が動き出す。しかし依頼人のくせに何かを隠してハッキリしない竜平にイライラ(#゚Д゚)y- 謎がどのように終結していくのか楽しみにしつつ下巻へ。2016/11/27

みや

34
金田一耕助11作目。上巻は島と人間関係の説明がほとんど。過去に起こった不穏な事件や謎が至る所で提示され、それらがある程度集まったところで最初の殺人が起こる。上巻はそこまでなので、やっとスタートを切ったところくらい。徐々に祭りへと盛り上がっていく島のボルテージと同調するように、こちらのワクワク感も上がっていった。ジェットコースターの登りで「来るぞ、来るぞ‼」みたいな感じ。きっと下巻は一気に目まぐるしく展開すると思われるので、すぐに続きを読みたい。2016/07/02

佳乃

34
今回の作品は今までにないくらいにたくさんの「キーワード」があって、整理するのも大変。前半思ったより大きな動きはないけれど、少しずつではあるがジリジリとしたものが。後半がどうなるのか楽しみ。2015/06/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/553903

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。