角川文庫<br> 金田一耕助ファイル14 七つの仮面

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
金田一耕助ファイル14 七つの仮面

  • 著者名:横溝正史
  • 価格 ¥594(本体¥540)
  • KADOKAWA(2012/05発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041304662

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

私が聖女ですって? 娼婦になり下がった、それも殺人犯の烙印を押されたこの私が……? 気品に満ち、美しく清らかだったミッションスクール時代。確かに聖女と呼ばれるにふさわしい時期もあった――だが、醜い上級生りん子に迫られて結んだ忌まわしい関係が私の一生を狂わせた。卒業後も執拗に付きまとう、りん子。やがて、あの恐ろしい事件が……!! 表題作ほか六篇を収録した傑作事件ファイル。

カバーイラスト/杉本一文

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちなぽむ@休止中

132
【図書館本】表題作含む7つの(表題にかけたのかしら...)短編集。 金田一シリーズでやっぱり断トツに好きなのは、田舎が舞台の一種他人の思いやりから発する悲しい殺人事件。反して都会ものは自分の利益ばかりを欲して浅ましく、エログロ的要素も濃厚で長編だと少し食傷してしまうが、短編だと程よい感じ。 「日時計の中の女」は語り手の悪意のなさがよく、「薔薇の別荘」はなんとなく救いをもたせて終わる感じが良かった。好きなのはこの2作。 長編の有名どころと比べるとやはり見劣りする感は否めないが時代も感じられ面白かった。2018/06/22

セウテス

73
金田一耕助ファイル14〔再読〕7つの女の事件短編集。読みやすいのは横溝作品だと納得ですが、もう一つの感は拭えない。本作より本シリーズに入れるべき作品は、まだまだ他に在ると思う。わりと後期の作品が多いようで、街の様子や金田一耕助の部屋にクーラーが入ったり、現代的な変化が何とも良い。「七つの仮面」は女性の語り手である処が珍しいが、元の作品は「聖女の首」であろう。「猟奇の始末書」「薔薇の別荘」は、密室やトリックとミステリーとして考える悦びも味わえるが、他の作品は設定の巧みさや何故悲劇は起こったのかを描いている。2016/11/16

坂城 弥生

46
表題作が一番印象的だったかな。2021/07/23

りょうこ

39
短編集です。トリック的には特にびっくりするようなものは無かったが、蝙蝠男のラストが好き!金田一耕助!なかなか粋な事をするなぁ(笑)K.Kって袴姿の彼ですよね?(笑)2012/09/19

かめりあうさぎ

38
テンポのいい探偵小説でした。もちろんトリックもあるにはありますが、フェアな謎解きゲームという感じではないかな。もうこれは金田一耕助というキャラクターが確立されていたことを如実に表している気がする。本作は短編集なのですが、金田一先生って中編長編より短編での方が断然優秀な気がするんですけど(笑)。そしてなんと言っても変装する金田一先生が見物。さて、事件全編に共通してたのは艶っぽさですかね。それが戦後の女性の地位の不安定さと重なってなんとも言えない雰囲気を纏っていました。長編の重さを求めて読むと肩透かしかな。2017/12/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/553902

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。