角川文庫<br> 金田一耕助ファイル15 悪魔の寵児

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
金田一耕助ファイル15 悪魔の寵児

  • 著者名:横溝正史【区分表記なし】
  • 価格 ¥638(本体¥580)
  • KADOKAWA(2012/05発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041304129

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

胸をはだけ、乳房をむきだしに折り重なって発見された男と女。既に女は息たえ、白い肌には不気味な死斑が浮き出ていた……。情死を暗示する奇妙な挨拶状を遺して死んだ美しい人妻。不倫の恋の精算なのか? 闇行為で財を成した実業家の周辺に次々に起こる猟奇殺人事件――亡霊のように現れる〈雨男〉、消えた死体の謎とは!

カバーイラスト/杉本一文

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

セウテス

80
金田一耕助シリーズ第20弾〔再読〕都会バージョンの乱歩風スリラーパターン。横溝先生は、ミステリ誌で地方の慣習などをモチーフにした本格ものを、大衆紙で本作の様な風俗ものをと作風を書き分けています。物語は、雨の日に現れる謎の男、雨男が引き起こす連続殺人事件。しかし遺体は、剰りにも無惨であり、これでもかというよう陰湿な装飾が施されていた。こうした遺体を冒涜した犯行が印象強いが、テンポよくスリリングな展開は読みやすい。犯人、犯行の謎が明かされた時タイトルの意味が解るのだが、その意味深さに思わず背中が冷たくなる。2017/10/09

geshi

43
エログロを前面に押し出した通俗探偵小説。金田一耕助が出てきたら事件が終わってしまうので、新聞記者・水上三太をもう一人の探偵役にしてリアルタイムで事件を追わせることでスリリングな物語展開にしている。一章あたりが短いのでテンポよく読めるけど、謎解きに関しては期待してはいけない。犯人が被害者に施す冒涜的な装飾で目を引いて、欲にまみれた人間関係で引っ掻き回しても、犯人当てが2時間サスペンス級に稚拙。犯人が「悪魔の寵児」なら本当の「悪魔」は誰なのかと思わせる不愉快な幕切れ。2017/06/12

yucchi

42
精力盛んな50代のエロオヤジと複数の愛人の酒池肉林の話。金田一は相変わらず事件を未然に防げないし、結局犯人死なせちゃうし。ラスト3行が不穏な空気を醸し出している。新たな悪魔の寵児になるのか。2015/10/18

sat

35
かなり変態な猟奇殺人事件でした。あまりの変態っぷりに、読み進めるのが辛かった。金田一さんの存在もうすく少し残念に思えた。2016/09/30

annzuhime

33
姉からの借り本。お初の作家さん。初めて読む横溝作品がコレじゃちょっと…と言われながら借りました。手元にコレしかなかったので。本格推理というよりもエログロ小説。時代背景も相まって、表現の仕方がすごい。でも読みやすくて面白かった。金田一耕助の出番が思っていた以上に少ないし、影薄いし、撃たれるし。こんなもんなんだと意外に思った。けど最後の数ページでの推理はお見事。タイトルの悪魔の寵児はあの人だとしても、本当の悪魔は別の人だろうな。次に読むとしたら、無難な八つ墓村にしようかな。2017/08/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/553883

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。