彼岸島 48日後…(18)

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • Reader

彼岸島 48日後…(18)

  • 著者名:松本光司【著】
  • 価格 ¥693(本体¥630)
  • 講談社(2019/01発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065141816

ファイル: /

内容説明

宿敵・雅の根城を探るため、雅を尾行する鮫島!! しかし、雅を守る吸血鬼の軍勢に囲まれ、囚われの身となってしまう!! 雅の眼前に平伏し、死を覚悟する鮫島。そんな中、共に東京の地上へ出てきていた弟・精二が現れる!! 史上最強の吸血鬼・雅と相対する兄弟二人きり。果たして、無事に明の待つ地下へ戻ることはできるのか――!!? 吸血鬼サバイバルアクション、慟哭の第18巻!!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

コウメ

24
鮫島兄弟の弟が雅に頭から食われ殺される。新たに地下鉄で吸血鬼に襲われていたアイドルが仲間になる。2020/11/13

marow

2
サンマ久しぶり。バタフライじゃなくてクロールになってるの笑う。2019/03/23

綺羅

1
清二・・・暴力は振るったけど途中から良いヤツになってたのに・・・兄貴のフラグがあっちに行ってしまうとは2019/09/18

パン吉

1
こんな世の中だからこそ偶像が必要なのかも。それにしてもカバー下でネタバレするのそろそろやめてくれないかなw2019/07/01

zaku0087

0
雅とハゲの対決はあっさり終了。弟は消滅。復活した明と雅探索再開し、池袋に辿り着いた。ここから上野までは一息と思っていたが、なんと都心部は湖化していた。これでは壁の意味がないのでは。地下アイドルはめげない性格らしく、吸血鬼になぶられていたわりに精神崩壊も起こしていない。けなげだ。邪鬼の大群が現れるが、僅か感染半年でこんなに発生するのもか。サンシャインも倒れかかっているが、あの角度ではそもそも持たないと思う。ツッコミどころ満載の18巻目。 2021/11/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13403828

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。