彼岸島 48日後…(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥621
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

彼岸島 48日後…(1)

  • 著者名:松本光司【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2014/12発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063825459

ファイル: /

内容説明

【『彼岸島』シリーズ第3弾】彼岸島で繰り広げられた吸血鬼との戦いに敗れた人間軍。雅の計画を阻止できず、日本は吸血鬼の国となってしまった。それから半年後、廃墟と化した日本で一人、吸血鬼と戦う隻腕の男がいた! その男の名は、宮本明。彼岸島で地獄を味わった戦士。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

コウメ

25
第一部を読みながら第三部も読み進めて読んでるけれどもいつの間にか明の顔も変わってるし強さも異常なほどになってるな!日本崩壊がバイオハザードな感じがやばいだとすると第一部はサイレンの羽入村に近い2020/11/12

Dai(ダイ)

18
片手で丸太振り回すって(笑) 仕込み刀は 百鬼丸みたい♪2015/03/30

hannahhannah

11
第三部が始まった。二部の最後の47日間の次は48日後…。映画「28日後…」のオマージュなのは言うまでもない。怖いのは表紙だけの漫画。いろいろ設定がおかしいのと、へんてこりんなキャラクターと、やたらウンコが出てくる子どもが考えたような話と演出。爆笑出来るのは読めばわかる。ジャスコならぬジョスコのロゴがしつこく出てくるのがヤバかった。毎回毎回、邪鬼(オニ)の姿がグロテスクで醜悪。2017/10/17

読み人知らず

10
さりげなく隊長死んでしまったんだな。寂しい。2015/07/18

たぬきごんべい@漫画

7
第三部開始。アキラの超人ぶりは相変わらずで邪鬼も出てきて今までと同様な感じ。日本本土なのに蓑笠被ってる吸血鬼ってwww 。ホラーギャグの王道です。2017/12/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8979570

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。