彼岸島 48日後…(24)

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy
  • Reader

彼岸島 48日後…(24)

  • 著者名:松本光司【著】
  • 価格 ¥726(本体¥660)
  • 講談社(2020/04発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065192146

ファイル: /

内容説明

姑獲鳥を倒し、勝次を救い出した明たち。次なる”雅の息子”の根城は、国会議事堂だという! だが、議事堂に向かう道中、明たちは自衛隊員らに襲撃される。自衛隊は、人間だろうが部外者を排除し、国会議事堂奪還を目指していると言うが‥‥。自衛隊 VS. 明 VS. 吸血鬼!! 三つ巴の戦い勃発!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

コウメ

28
すぐに国会議事堂で雅の息子の1人を倒しに行くかなって思ったけど、自衛隊と小競り合いがおこなわれる。まぁこんなパンデミックがおこった日本では自衛隊も自分の身を守るだけで精一杯だから、仕方がない。2020/11/13

こっこ

1
自衛隊、多分全滅するんだろうけど仲間になった。国会議事堂奪還作戦開始。2021/07/25

capeta

1
国会,すぐに行くのかと思ったら自衛隊と共闘。トンネル二本壊して残りで決死隊突入。明,曰く,いい作戦だ。ほんとー?2020/06/16

Yanabod

1
最近ヤンマガで面白いマンガはこれなのだが、最初はネタマンガで読んでいたがパンデミックになった現在、真面目にホラーになってきたからゾッとすることもある。しかし展開かサクサク進むのはよいです。2020/04/08

パン吉

0
自衛隊というより旧日本軍的な空気感。 いつか雅から日本を奪還出来る日が来るのか!?2020/11/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15595050

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。