アルスラーン戦記(9)

個数:1
紙書籍版価格 ¥528
  • Kinoppy
  • Reader

アルスラーン戦記(9)

  • 著者名:荒川弘/田中芳樹
  • 価格 ¥462(本体¥420)
  • 講談社(2018/05発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065113998

ファイル: /

内容説明

王太子・アルスラーン、パルス帰還へ! アルスラーン率いるパルス奪還軍は、隣国シンドゥラの王位継承戦の渦中にいた。アルスラーン軍の助力により、王位を懸けた”神前決闘”に勝利したラジェンドラ。新たな国王誕生の歓喜は、しかし敗れたガーデーヴィの謀反によって一転する…。波乱に満ちた王位戦の終結。そして少年を襲う新たな裏切り! 王都奪還を目指す、王太子・アルスラーンの命運は…!? 戦いの地は再びパルスへ!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

282
やっぱりドロドロした展開だけど、先がきになる。カルトとか魔法的な話は不気味さを感じるなぁ。2018/05/22

あきぽん

120
祝、原作完結!(読んだことないが。)パルス、ルシタニア、シンドゥラ、それぞれ内にも問題を抱えつつ屈強の男(と女)達がしのぎを削っている中、あいかわらずアルスラーン王子は天使のようだ笑。荒川さんの絵はアニメっぽいようでいてしっかり描き込まれている。2018/05/21

舞妓さんそっくりおじさん・お寺ちゃん

83
相変わらず面白い。これぞ「物語」だと思う。原作は完結したそうだが、この漫画もいずれ完結してから一気読みする人がいるのだと思うと、今から羨ましい。新しいキャラクターも登場。それぞれに共感できる。いい歳こいて恥ずかしいが、私もアルスラーン王子の一行の一人になりたい。日頃傲慢で人に屈するのが嫌いな私もこの王子が好きである。どんな人間にも少しのナショナリズムがある様に、少しの尊王精神もあるのかも知れない。そんな事を考えていたら、アルスラーン一行は祖国パルスに帰国。いよいよ奴隷解放である。戦乱の気配は醒めないが。2018/05/24

wata

80
アルスラーン王子にだんだん逞しさと威厳が備わってきたような…。たくさんの仲間が集まり周りが彼を成長させてる♪鉄仮面とアルスラーン、生い立ちの謎もありますが善き王は良き仲間、教育、育ち方ではないでしょうか…?めでたすぎる頭でも困りますけど(^^;2018/06/14

exsoy

63
クバードそのうち仲間になりそう。2018/05/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12780849

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。