GP Car Story Vol.22

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,080
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

GP Car Story Vol.22

  • 著者名:三栄書房
  • 価格 ¥1,080(本体¥1,000)
  • 三栄書房(2017/12発売)
  • 令和初!初夏のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~5/26)
  • ポイント 300pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

■見どころ:
Sauber C12

■目次
Prolog LONE WOLF
謎と期待を漆黒の車体に秘めて 注目度最大級の新参車、発進──Flash Back
「生き残れたことが誇り」── ペーター・ザウバー インタビュー
C12に至るまで── 一時代を築いたザウバーのスポーツカー
驚愕のBLACK──はじまりは刺激的
C12 Variations──レースごとの仕様とモディファイ
理解されなかったF1スタンダード──マイク・ガスコイン インタビュー
テクニカルトレンド1993
黒き新星の初陣──1993年開幕戦南アフリカGP
グループC時代とほぼ同じチームで戦った── ベアト・ツェンダー インタビュー
GP Car Column 1 ──小国のグランプリ興亡史
F1プロジェクト撤回の真実。──ヨッヘン・ニアパッシュ インタビュー
最優先課題は信頼性確保──マリオ・イリエン インタビュー
レース界を陰で支える技術屋集団──イルモア・エンジニアリング ヒストリー
C12 Detail File──マシンの細部を探る
GP Car Column 2 ──愛しのクリスティアーヌ
「経験不足の代価を払わされた」──カール・ベンドリンガー インタビュー
義務なし、課題なし、環境あり。──メルセデス・ジュニア育成プログラム
拭い切れなかった疎外感──J.J.レート メモワール
ザウバーF1参戦25周年を機に思うこと
最後のハイテクマシンによるプロスト/セナ最後の戦い
RCの世界でチャンピオンになったザウバーC12── GP Model Story
次号予告/プレゼント
Epilog