集英社文庫<br> 岳飛伝 十 天雷の章

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

集英社文庫
岳飛伝 十 天雷の章

  • 著者名:北方謙三【著】
  • 価格 ¥616(本体¥560)
  • 集英社(2017/10発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784087456202

ファイル: /

内容説明

梁山泊が南宋と金、それぞれと戦争状態に入った。呼延凌と兀朮が一進一退の攻防をしている最中、丞相・撻懶が病死した。金国内の混乱に乗じ、轟交賈の蕭けん材が監禁されるも、梁山泊の致死軍が救出した。水上では梁山泊の狄成らが、南宋の造船所を奇襲し、すべて焼失させた。一方、南では南宋の辛晃の動きを警戒する岳飛と秦容が互いに手を組むことを決める――。譎詐百端、風雲急を告げる第十巻。

目次

地会の夢
地急の夢
地全の夢
唐晩の風
青富の火

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しんごろ

141
岳飛伝というタイトルにもかかわらず、あいかわらず岳飛の出番少ないけど、インパクトある活躍。海上戦は激しい闘いの中、張朔はさすが張清の子と思わせる活躍。岳飛も張朔も惜しい!王清、蔡豹、良かったよね。だけど、蔡豹…泣けたわ。宣凱に助っ人現れて、聚義庁の仕事の負担が減って、家族サービスできるといいなあ。地味だけど、かなり動きがあった今作。次作をすぐにでも読みたい。2020/07/05

眠る山猫屋

55
金国騒乱、いつしか金にはウジュ周辺以外に、これと言った人物が見当たらなくなってしまったなぁ。南宋の韓世忠が一敗地にまみれても、辛晃が南の果てで岳飛に挑む気骨をみせる。梁山泊の面々は大陸各地(大陸外にいるものも多いが)に拡散してしまっている印象。それが梁山泊の〝カタチ〟なのだが。造船基地焼き討ち戦では、二人の隊長が辛うじて生還したが、蔡豹は己を見つめ直し生き直しながら、力尽きて果てた。まるで青面獣のように。生き残る者と夢半ばで倒れる者の陰影が鮮烈な十巻だった。2019/12/14

future4227

54
今まで貯めに貯めた水が堰を切ったように一気に濁流となって流れ出す怒涛の第十巻。北においては金国と梁山泊軍がぶつかり、史進の騎馬隊が縦横無尽に駆け回る。長江河口では南宋水軍率いる韓世忠と梁山泊水軍が大激戦を繰り広げる。さらに南方では南宋軍と岳飛、秦容連合軍との初の山岳戦。久々の岳飛の戦いぶりに胸が打ち震える。その背後では米の流通をめぐる経済戦争も進行し、秦檜の深謀が冴え渡る。犠牲となった蔡豹と陳麗華の悲しくも清々しい生き様に涙を流しつつも、なぜだか言い知れぬ充実感を覚える。2020/10/01

まえぞう

25
王貴、王清、蔡豹の愛の形が描かれています。蔡豹の形は切ないですが、彼が背負ってきた何かを吹っ切ることができたと思っておきます。あと1/3強になりました。どんな終局となるのかそろそろ楽しみです。2017/10/11

てんつく

24
狄成の死亡フラグ回避が本当に嬉しい。が、蔡豹の死は残念無念。2020/11/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12179763

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。