集英社文庫<br> 岳飛伝 九 曉角の章

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

集英社文庫
岳飛伝 九 曉角の章

  • 著者名:北方謙三【著】
  • 価格 ¥616(本体¥560)
  • 集英社(2017/09発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784087456073

ファイル: /

内容説明

戦いの気配が次第に濃厚になっていた。岳都で高山の民を加え調練の日々を送る岳飛。南宋水軍の韓世忠は遭難した梁紅玉を救うため、張朔の交易船を襲った。南下してくる南宋軍に対し岳飛は警戒を強め、小梁山の秦容と手を組むことに。金国では轟交賈の蕭けん材が、物流の動きがおかしいことを察知する。そんな中、小梁山と甘蔗園が何者かに襲撃された――。本格的な水上戦と新たな山岳戦に臨む第九巻。

目次

地巧の夢
赫青の火
地明の夢
天速の光
照夜の風

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しんごろ

151
南宋水軍と梁山泊水軍との戦いと、金国と梁山泊の戦いが幕を切って落とされた。梁山泊には厳しい状況。しかし、戦だけが戦いではない。実に何年もかけて、用意周到に罠を仕掛けた漢がいた。仲間からも文句を言われながらも、自分の考えを貫き通し、そこには文官ならではの戦いがあった。その成果は、お見事としか言いようがない。宣凱よ!おまえはすごいよ!物語は、史進は林冲のように死のうとし、秦容は戦いに向けての準備。そして、岳飛は今回は、出番少なかったが、岳飛の動きも気になる。果たしてどんな展開が待ってるのか、楽しみだ。 2020/05/23

眠る山猫屋

51
謎の山岳傭兵現る、グルカ兵?岳飛と小梁山が手を組むが、まだまだ軍隊としては弱小。蕭ゲン材の理想は裏切られるが、救いの手は思わぬところからやってくる。女の呪縛から解き放たれた韓世忠は牙を研ぎ、女の呪縛から逃れられない王清は未だ惑う。韓世忠も王清も分かり易いとも云える感情に揺さぶられる男たちだからこそ、己を取り戻した姿をみたいな。2019/12/14

future4227

46
いよいよだ。南宋水軍と梁山泊水軍がぶつかる。陸でも金軍総帥兀朮と梁山泊呼延凌がぶつかる。赤騎兵率いる史進の動きが爽快だ。南方においても、のどかな田舎暮らしから一変して臨戦態勢に。かつての仇敵、秦容と岳飛が手を組み本格的な決戦に備える。軍事だけではなく、物流をコントロールして国全体を兵糧攻めにするという宣凱の計画もなかなかのもの。もう中国だけでは収まらなくて、日本からミャンマー、タイ、カンボジアあたりまで舞台が広がっている。次巻ではあちこちで激戦が繰り広げられる気配。楽しみだ。2020/08/22

まえぞう

25
北でも南でも話しが大きく動き始めていますが、その中心にいるはずの統括、宣凱の動きがでてきません。次の巻以降、このあたりが詳しく語られるのでしょうか。2017/09/06

てんつく

24
撻懶が…。結構好きだったのに…。これからどうなるのか。次巻へ。2020/10/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12068586

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。