集英社文庫<br> 岳飛伝 十五 照影の章

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

集英社文庫
岳飛伝 十五 照影の章

  • 著者名:北方謙三【著】
  • 価格 ¥616(本体¥560)
  • 集英社(2018/03発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784087456875

ファイル: /

内容説明

狙うは、岳飛の首。しばらくの間、人夫となって潜伏していた南宋の程雲は、ついに岳飛に奇襲をかけた。岳飛は重傷を負い辛くも一命を取り留めたが、その際、程雲も負傷。そして岳飛と呼応し東進する秦容軍は快進撃を続けていた。梁山泊軍の呼延凌は、金軍との全軍対決に向け、準備を整えつつあった。一方、南宋で秦檜の病が深刻な事態となっていた――。三つ巴の最終決戦前夜、機略縦横の第十五巻。

目次

瓊母の風
麻セイの火
山奇の風
地陰の夢
地満の夢

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

眠る山猫屋

53
さぁ戦端は開かれた。李俊亡き後の日本北端から、メコン流域の岳飛や秦容出撃後の南方、あるいは蒙古襲来に備える北限まで、もちろん中原でも金国と梁山泊、岳飛&秦容は南宋を縦横無尽に駆け巡る。いや、一気にクライマックスですか北方先生?ちょっと頭が追いつかない!! 乾坤一擲の賭けに勝てなかった程雲には生き延びて欲しいけれど…。岳飛は楊令や史進の域には達せられないけれど、しぶとさは梁山泊第一世代並み。2020/05/31

chiseiok

32
『楊令伝』の頃は「岳飛しょぼいなホントに次で主役張れるのかなー…」と心配してましたが、一方では、御大の事だしどうせ(笑)いつのまにかカッコよくしちゃうんだろうなとも思ってました。そしてやっぱり(^_^;)。今この物語は紛れもなく『岳飛伝』だなぁと。もはや北方大水滸サーガの中でも一番好きキャラかも。楊令は戦隊で云ったらアオレンジャーだったけど、岳飛はアカレンジャー。ただしそのしくじり番長っぷり愛されっぷりはちょっとキレンジャー入ってるか?魅力あるなぁ。もはやどっぷりと楽しむだけなんですけどあと二巻かー…。 2018/01/29

てんつく

28
顧大嫂…(T_T)。北も南も、日本も戦ばかり。そんな中、岳飛と梁興のやり取りが面白かった。ちょっと和んだ。2021/06/16

まえぞう

24
いろんなところで終わりに向けた戦いが始まりました。でも、本巻のハイライトは程雲の乾坤一擲ですよね。ただ岳飛だけを狙って潜伏する。同じような状況に置かれたとして、自分ならここまでやれるかどうかは疑問です。南の鸚鵡が「やるだけやって死ぬ。でも。」と繰り返すようになっているのが気にかかります。2018/03/07

マッピー

20
ここにきて瀕死の重傷を負う岳飛。しかしそれでも死なない岳飛の生命力の強さよ。あっちでもこっちでも最終決戦に向けての緊張が高まるなか、あえて日本に向かった張朔のその後が気になるが…。でも、一番読みごたえがあったのが、宇梶剛士の解説。たった6ページの中に、大水滸シリーズへのあふれる愛があり、人生への深い洞察があり、物語の向かう先への思いが込められている。そして最後の一行。“しかし、褚律(ちょりつ)が放っておけない……。”全く同感。2019/04/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12576439

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。