将国のアルタイル(3)

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader

将国のアルタイル(3)

  • 著者名:カトウコトノ【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2013/01発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063731484

ファイル: /

内容説明

理不尽外交にNO!! 怒涛の大逆転、港湾都市攻防戦!! ポイニキアvs.バルトライン!! ――央海(セントロ)の要衝であるポイニキアを訪れたマフムート。だが、彼を待っていたのは、帝国との戦争だった!! ポイニキアを落とされればトルキエも危ない! マフムートは、ポイニキアを勝利に導くため奔走するが……。緊迫の第1次ポイニキア戦争完全収録!!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

sskitto0504

12
将軍剥奪後にまた完敗させて落とすとは。少しびっくりな展開でした。全体的に重いが、それがいい意味で物語を面白くしている。2014/02/25

緋莢

11
マフムートが次に訪れたのは、港湾都市国家ポイニキア。東西交易の要衝であるポイニキアに、バルトライン帝国が軍港の提供を要求。ポイニキアは、それを拒否し、防衛戦争を始めます。「人でも国でも栄えるための資格があるのは力を持ってる奴だけだ」この巻終盤の、とある人物の言葉。プライドを持つことは大切ですが、それだけで勝てるほど甘くはない訳で。マフムートが何もしなかった、というより 出来なかったというのが、結構衝撃的でした。この時点で彼はほぼ無力というのを描きたかったのでしょう。2019/11/01

みとと50

11
ボイニキアで早速揉め事に巻き込まれる。正論だけでは生きてはいけない。したたかであれって事だ。誰も信用するな、アテのないことを根拠とするな。確実なものを積み上げろ。名より実を取れ。彼が今回学んだことはきっと今後に生かされていくだろう。 2013/02/13

じお

9
★★★☆☆ 副市長の無能感すごいな…散り際まで酷い、そして市長の見た目からは想像できないまともっぷり。そんで3巻から面白いということだったがうーんという感じ。多分、主人公の国の話じゃないからイマイチ気持ちがノレないんだよね。情報量過多なのも漫画としてはちょいなー、他の戦記系の漫画と比べるのはナンセンスだと分かっていても「キングダム」やら「アルスラーン」はよく出来てると感じてしまう。2020/11/19

ぽち

9
マフ君の噂が尾ひれの方が大きくなって凄い事に。1巻分の情報量が半端ない。ポイニキアの攻防戦、まさか全部終わってしまうとは…。展開早。ポイニキアの戦はいろいろ考えさせられた。人として正しい事と、国として正しい事は、必ずしも一致しない。時として善良な政治家は、国民にとっては悪になるのだなぁ。国を背負う人の正義ってややこしい。そして、だからだろうか、レレデリクはやっぱり嫌いになれない。酷い人なのはそうなんだけど、いや、決して美人だからだけじゃないよ?2013/05/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/488369

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。