虚構推理(21)

個数:1
紙書籍版価格
¥550
  • 電子書籍
  • Reader

虚構推理(21)

  • ISBN:9784065355541

ファイル: /

内容説明

黒色のベールを50年間被り続ける飛島龍子。彼女の夫と腹心の死の裏に存在する謎とは!? 「飛島家の殺人」、完結まで収録。
かつての同級生との突然の再会は――桜川九郎の過去と現在を紡ぐ新シリーズ「廃墟に出会う」、
メカ琴子シリーズ完結第3弾「MK飛翔」も収録!
【TVアニメ1期2期共に大好評の[恋愛×伝奇×ミステリ]、最新刊!!】

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

雪紫

49
「飛島家の殺人」、そしてメカ琴子三部作、完結編。絵で見ると、どっちの真実が自分、もしくは家族にとって「救い」のある結末か雨模様と合わせて小説と別の意味で考えさせられるのにゾッとする。しかし、メカ琴子にまだ未練がある作者(笑)。次の「廃墟」は・・・次巻完結か(なお読了日の立ち読み時点でまだ終わってません)。2024/05/18

陸抗

24
黒いベールの中は楽園だった。これが全てを語ってる気がする。メカ琴子、まさかそんな理由で作られていたなんて。六花さんの趣味全開なんだとばかり(笑)2024/05/23

イーダ

17
黒いベールも考え方によって見え方もこんなにも違うのか。毎度どんでん返しがあるのですが、そのやり方に毎度感心しています。そしてメカ琴子、まだ出てくるんかw2024/05/27

燃え尽きタコ

14
最後のベールのシーン、ゾクッとできて好き。2024/05/21

leo18

11
『飛島家の殺人』は漫画だと動きが少なく物足りないか。メカ琴子シリーズ惜しまれながらも完結。九郎の新シリーズ楽しみ。2024/05/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21885129
  • ご注意事項