虚構推理(14)

個数:1
紙書籍版価格 ¥495
  • Kinoppy
  • Reader

虚構推理(14)

  • ISBN:9784065217894

ファイル: /

内容説明

『絶園のテンペスト』城平京 原作! 怪異達の知恵の神になった少女と、怪異にさえ恐れられる男が、怪異に挑む[恋愛×伝奇×ミステリ]!!  “怪異”の知恵の神になった少女・岩永琴子が一目惚れした相手・桜川九郎は、“怪異”にさえ恐れられる男だった!?  2人に振りかかる奇想天外な事件と、その恋の行方は――!?

【こちらの3シリーズを収録!】
とある殺人事件の真相を探るために必要なのは、完食困難な激辛担々麺を20分以内に食べきることだった――! 琴子と六花がタッグを組む「見たのは何か」完結まで収録!

妖怪の悩みに九郎が文字どおり体を張る短編「的を得ないで的を射よう」、第1回ラストに衝撃展開が待ち受ける新章「岩永琴子の逆襲と敗北」も収録!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

雪紫

48
裏表紙の九郎先輩、実にシュール。他のミステリからの言葉を借りれば通りものに当たった人物の手厳しい制裁に、和みそうな展開から(そりゃそうなるだろ岩永・・・)、まさかのキリンである。キリンである。そして六花さん・・・カツ丼、食うかい? こんなこと書いてるけど、六花さん前面に出て来る回は緊張する・・・。2020/12/19

エディ

43
★★★★★ 琴子&六花の異色タッグによる過去編「見たのは何か」後半は、目撃者にも犯人にも六花にも琴子にもツッコミどころ満載(69ページのスネコスリは六花さんが怖くないのか?)。短編「的を得ずに的を射る」の琴子は『人類ネコ科』の北斗の母ちゃんみたい(笑)。長編「岩永琴子の逆襲と敗北」はまだまだ導入部で、全容は見えない。第15巻(ミニカラー画集2付き特装版もあり)は2021/5/17発売予定。2020/12/20

ネムコ

35
正直言って、六花さんのイメージアップのターンでした。こんなに聡くて人心の機微にも通じた人が、なぜあんな企みをしたのか、その方が不思議になってくる。勧善懲悪のイメージが崩れ、これからの展開が全く読めない。2020/12/19

トラシショウ。

29
「あなたは目撃されていた・けれど警察に通報出来ない立場の目撃者だった・あなたは特別な意志ではなく、人の保身と言う俗っぽいものに見逃されていただけ」。前巻より承前、あえて目撃されながら死体損壊を起こした不可解な犯行の真相を追う「見たのは何か」の顛末から、妖怪お悩み相談の「的を得ないで的を射よう」を挟んで、終盤にかなりの引きが待ち受ける新章「岩永琴子の逆襲と敗北」の導入まで。「的を得ないで~」での大岡裁きの斬新過ぎる解釈とヒドい射殺オチには流石にホトケの九郎さんもお怒りか(笑)(以下コメ欄に余談)。2020/12/31

陸抗

25
過去では六花さんと琴子が仲良く犯人に迫ってたのに、何処ですれ違ったんだろう。服に穴が開くのは嫌で、血で汚れるのはいいの?洗えば落ちる可能性はあるか。弓矢の顛末は酷いな。キリンの霊、あの首の攻撃どう回避するんだろう。2020/12/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17084854

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。