虚構推理(15)

個数:1
紙書籍版価格 ¥528
  • Kinoppy
  • Reader

虚構推理(15)

  • ISBN:9784065230558

ファイル: /

内容説明

『絶園のテンペスト』城平京 原作! 怪異達の知恵の神になった少女と、怪異にさえ恐れられる男が、怪異に挑む[恋愛×伝奇×ミステリ]!!  “怪異”の知恵の神になった少女・岩永琴子が一目惚れした相手・桜川九郎は、“怪異”にさえ恐れられる男だった!?  2人に振りかかる奇想天外な事件と、その恋の行方は――!?

とある山中で起きた3人が死亡した事件。その原因は実は「キリンの亡霊」によるもので‥!? さらに、その現場には、あの“桜川六花”がいた!? ついに再会した琴子と六花。二人は静かで劇(ルビ:はげ)しい戦いの火花を散らし始める――。謎が謎を呼ぶ新章「岩永琴子の逆襲と敗北」、本格始動!!

ミニカラー画集付き特装版[第2弾]も同時発売!(電子書籍でも発売)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

トラシショウ。

23
「けれどまだ・まだ成就させる方法はある筈だ・どうすれば三人の死を、俺の望んだ構図の中に落とし込めるか」。前巻の導入より承前、山中でそこにいる筈の無いキリンに襲われ三人が死に一人が生き残った奇妙な事件。生存者を引き連れ下山、警察の厄介になった六花からの要請でその身元引受けに出向いた琴子と九郎が事態の解明に挑む「岩永琴子の逆襲と敗北」の続き。これは久々に「鋼人七瀬」以来の捻り倒した事件の予感、だな。かなり主要人物らの企み、思惑が混在しているけれども、果たして琴子は如何に逆襲し敗北するのか(以下コメ欄に余談)。2021/05/18

陸抗

21
キリン強い。タイトルから琴子の敗北が決まってるようだけど、六花に負けるのか、キリンに負けるのか。それぞれの思惑がぐちゃぐちゃに交わり過ぎてて、どこが終着点かさっぱり分からない。2021/05/31

しぇん

17
今回の事件の表向きな全容が明かされたので、次からようやく事件と六花さんの目的が明かされる解決編に続いていくようですね。今回の事件の本当の真相が何処にあるのか楽しみに次巻を待とうと思います2021/05/22

しましまこ

16
どうすれば事件を望んだ構図に落とし込めるか…キリンの亡霊、瓶詰めの手記、六花さん。これっぽっちも先が読めない面白さ。おまけマンガ、やはり常識も品性も…2021/05/22

にぃと

13
引き続きキリン編。キリンが鋼人七瀬と同レベル扱いされ比較されてるのメチャクチャ強そうで笑う。実際強いんだろうけど。 この巻全体でなかなかの情報量。いやもうキリンのインパクトしか頭にないけど柊さんが可愛くてよかった。 今巻は事件編で、解決編とクライマックスは次巻に持ち越し。今のところ六花さんのペースな琴子がここからどのように逆襲して、どうまとめてくれるのか今から楽しみ。2021/05/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17782731

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。