アリアンローズ<br> 魔導師は平凡を望む 23

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy

アリアンローズ
魔導師は平凡を望む 23

  • ISBN:9784866572451

ファイル: /

内容説明

元王太子であり、キヴェラ敗北の原因となったルーカスと再会することになったミヅキ。
アルベルダでの婚約騒動に巻き込まれることになった彼女は、
ルーカスとともに、再びキヴェラでの断罪を画策する。
その対象はキヴェラ王の姪でもある、わがまま放題のお強請り姫・リーリエ。
時は満ち、ミヅキの守護役までもが全員勢揃いする中、夜会での断罪が始まる。
「さあ、潰し合いを始めましょ?」
ドS魔導師が送る異世界ファンタジー第二十三弾、ここに開幕!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

eucalmelon

5
嫁から聞いた「馬鹿と喧嘩するな。」という義父の言葉があるが、将に「馬鹿に言っても無駄!」やはり、理解できるやつに言わないと徒労に終わる。「馬鹿は嫌い」、うーん、いい言葉だ。忠誠心を責任感に置き換えれば、どこにでも適用できる話に変わりそうだ。 ミズキはきっと、落ちまで考えて誘導しているんだろうなぁ。守護役勢揃い、『できる戦隊』参上かな。2020/09/03

kinta

1
キヴェラ編再びその2。ルーカス君が存外まともであったか(笑)、いろいろ前回のご訪問より人間関係の奥行が見えて面白い限り。それよりも商人のおっちゃんたちの逆襲劇にわくわく。そうそう名を捨て実を取れ、が魔導師とタッグを組むと、実も芯も刈り取れ!的な感じになるわけで。次回山場。さて、コテンパンにやってくださいね~2019/08/04

みょろん

1
なんだかんだでキヴェラって出てくるなぁ。大国だからかな。王様もミヅキを気に入ってるからかな。2019/06/19

kei

0
☆☆☆☆☆2019/06/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13652634

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数28件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす