リエゾン(5) ーこどものこころ診療所ー

個数:1
紙書籍版価格
¥715
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

リエゾン(5) ーこどものこころ診療所ー

  • 著者名:ヨンチャン【著】/竹村優作【原作】
  • 価格 ¥759(本体¥690)
  • 講談社(2021/06発売)
  • 盛夏を彩る!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~7/28)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065234525

ファイル: /

内容説明

子どもの10人に1人は、何らかの障害を抱えているとされる現代。家族を失った悲しみに、人はどう向き合い、乗り越えるのか。佐山は自らの過去を明かし、患者に寄り添っていく。鍵になるのは、言葉にならない本当の気持ち。第5巻は「ステップファミリー」「グリーフケア」「完璧なダイエット」の3編を収録。

児童精神科医の物語に『コウノドリ』の鈴ノ木ユウ氏共感!! 「子どもの成長は嬉しい。ただ時に、親は不満を感じたり、不安になったり、自信をなくしてしまうことだってある。僕はそんな時、ただ息子を抱きしめます。この世にはこんなにも暖かいものがあるんだよって、いつも教えてくれるから。『リエゾン』を読み終わった後、ただ子どもを抱きしめてみてください」

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ネギっ子gen

49
家族を失った悲しみに、子どもはどう向き合い乗り越えるのか?それも、障害を持った子どもの場合――。佐山は自らの過去を明かし、患者に寄り添っていく。鍵になるのは、言葉にならない本当の気持ち。第5巻は「ステップファミリー」「グリーフケア」「完璧なダイエット」の3編を収録。ハイペースの刊行にも関わらず、このクオリティに敬服!「グリーフア」では、軽度知的障害とASDの小学1年生・実優ちゃんの母親が急死。母の死に何も感じない風だった実優ちゃんが父親から、「ママはもう、どこにもいない」と教えられるシーン。滂沱の涙……⇒2021/08/08

Die-Go

36
凸凹を抱えている子どもにとって、親の死というものは言葉に安易にできないものである。患者の治療には寄り添うだけでは解決できないこともある。自己開示も必要なことだってある。それが痛みを伴うものだったとしても。★★★★☆2024/03/30

Nyah

36
ステップファミリーで、急にディスレクシア児の母になる。/母が亡くなった後‥グリーフケア。/完璧なダイエット‥摂食障害。/ 先二話は泣いてしまった。最後の一話は次巻に持ち越し。2021/06/26

活字の旅遊人

34
ステップファミリー、学習障害と学校の現場、グリーフケアと感覚過敏。そして今度は摂食障害。「ブラックジャックによろしく」もそうだけど、どうしても紹介して啓蒙したいという要素があり、その上話の多様性を作る必要がある。だから現実的にはこんなにバリエーションよく揃うことはないなあ、と違和感を覚えるが。まあでも、そう言うもんだし、細かいところも含め、すごくよく出来ていると思う。患者に向き合う時間を、勤務時間以外にも作っているところも、斉藤英二郎センセイに似ている気がする。権力には立ち向かわないけど。2022/01/24

陸抗

23
字が書くのが大変な子は、タブレットを導入。機能に関しては学校側で制限するだろうし、それが当たり前になれば問題も起きなくなるはず。母親を亡くした姉弟が、泣かないからと戸惑う父親の話は泣けた。死を理解出来なくて、別の解釈をしてしまうのか…。理解出来なくても、きちんと説明をする。覚えておこう。これからきっと、直面する問題だから。2021/07/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18097259
  • ご注意事項