農耕と園芸2020年秋号

個数:1
  • Kinoppy

農耕と園芸2020年秋号

  • 著者名:農耕と園芸編集部
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 誠文堂新光社(2020/08発売)
  • ポイント 15pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

第1特集 エダマメの最新動向

(1) 緑豆すき込み法によるエダマメのダイズシストセンチュウ害防除
(2) エダマメの養液栽培について
(3) エダマメのザイズサヤタマバエに対して被害抑制効果の高い防除時期
(4) 9月下旬収穫に向けた抑制エダマメの品種比較
(5) 省力はこれで実現! エダマメ作業機

第2特集 知りたい! バイオスティミュラント

(1) バイオスティミュラントとはなにか?
(2) 「植物の言葉」を応用したバイオスティミュラント『すずみどり』
(3) 今、イチオシ! のバイオスティミュラント資材」
(4)低投入持続型農業の実現に向けたバイオスティミュラントの利用による土壌作りと水質浄化
(5)鉄、アラニン、コリン等、エタノール―バイオスティミュラントについて

[記事]
生産現場へGO!
極早生から晩生まで22種利根沼田「豆王」がつなぐ品種リレー

[連載]
クローズアップ! 農業最新技術
雑草から得た抽出液を用いて環境配慮型の害虫防除の確立を目指す

農業経営のお得な情報!上手にお金を貯める話37

売り方上手は商売上手 農産物直売所

[リポート]
第62回野菜・花き種苗改善審査会「早生エダマメ」の部

コロナの時代 夫婦で挑むNZ?山梨のブドウ栽培

目次

目次
連載 アグリニュース
【特集1】エダマメの最新動向
【特集1】緑豆すき込み法によるエダマメのダイズシストセンチュウ害防除/東京農工大学農学研究院 生物システム科学部門 豊田剛己
【特集1】エダマメの養液栽培について/千葉大学大学院 園芸学研究科 淨閑正史
【特集1】エダマメのダイズサヤタマバエに対して/被害抑制効果の高い防除時期 秋田県農業試験場 生産環境部 主任研究員 菊池英樹
【特集1】9月下旬収穫に向けた抑制エダマメの品種比較/東京都島しょ農林水産総合センター 大島事務所 園芸振興担当 木下沙也佳
【特集1】省力はこれで実現! エダマメ作業機/文:編集部
生産現場へGO! 極早生から晩生まで22種 利根沼田「豆王」がつなぐ品種リレー/取材協力:JA利根沼田 カネコ種苗株式会社、取材・文:三好かやの、撮影:杉村秀樹
【特集2】知りたい! バイオスティミュラント
【特集2】バイオスティミュラントとはなにか?/日本バイオスティミュラント協議会 事務局長 須藤修
【特集2】「植物の言葉」を応用したバイオスティミュラント『すずみどり』/神戸大学大学院農学研究科 山内靖雄
【特集2】今、イチオシ!のバイオスティミュラント資材/株式会社ハイポネックスジャパン農芸プロダクツチーム 猪瀬健
【特集2】低投入持続型農業の実現に向けたバイオスティミュラントの利用による土壌作りと水質浄化/吉備国際大学農学部 竹生敏幸 (株)ルオールアプローチ 許沖、京都大学 谷坂隆俊
【特集2】鉄、アラニン、コリン等、エタノール―バイオスティミュラントについて/食と農の健康研究所 理事長兼所長 農学博士 渡辺和彦
連載 クローズアップ! 農業最新技術 雑草から得た抽出液を用いて環境配慮型の害虫防除の確立を目指す/琉球大学農学部亜熱帯農林環境科学科 田場聡、取材・文:斉藤勝司
連載 栄養素の新常識/一般社団法人 食と農の健康研究所 理事長兼所長 農学博士 渡辺和彦
第62回野菜・花き種苗改善審査会「早生エダマメ」の部/資料提供:東京都農林総合研究センター、取材・文:編集部
連載 素晴らしき哉、害虫!/松橋利光
連載 農産加工“はじめの一歩” /東京都農林総合研究センター 食品産業センター 石本太郎
機構 中野明正
連載 売り方上手は商売上手 農産物直売所/農業・農村マーケティング研究所長 二木季男
連載 新花き探索/(有)エクゾティックプランツ 尾崎忠
コロナの時代 夫婦で挑むNZ ? 山梨のブドウ栽培/取材協力:葡萄専心株式会社 樋口哲也・静枝、取材・文:三好かやの、撮影:岡本譲治、杉村秀樹
連載 なるほど園芸用語/藤重宣昭
連載 農業経営のお得な情報!上手にお金を貯める話 VOL.37 見舞金に関する得するお話/株式会社日本中央研修会 日本中央税理士法人 代表取締役 公認会計士 青木寿幸
連載 農のサイエンスQ&A 加藤哲郎
連載 知ってるようで知らない!? 農業偉人伝/文:戸村悦子
連載 市場情報――野菜・切り花・鉢物・果実
連載 もぎたて情報室
連載 野菜作り1年生
連載 Information