少女ファイト(16)

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • Reader

少女ファイト(16)

  • ISBN:9784065172216

ファイル: /

内容説明

ついに春高バレー準々決勝にコマを進めた練たち黒曜谷。次なる相手は、サラの父・槌家監督率いる朱雀高校だ。足のケガから復活を果たした実力派キャプテン・寺沼をはじめ、技巧派セッター・有栖川なども擁する強豪に対し、練たちはどう立ち向かうのか!?

槌家はかつて、妻のミラ(サラの母)に家庭内暴力をはたらいており、幼少の頃からサラと人生を歩んできた鏡子の槌家への印象は最悪。一方、当のサラは父について愛憎入り混じる複雑な感情を抱いている。
そんななか、黒曜谷を傘下におさめる三國財閥会長・三國芽衣子が日本女子バレーの実力底上げのために描く遠大な計画が明らかになり……!?

連載13年、「青春漫画の金字塔」待望の最新刊! 傷だらけで戦う同士(あなた)に贈る、極上の“読む処方箋”。
「あきらめたくないのなら問い続けろ。自分にとってバレーの正体とは何かを」――。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

JACK

14
☆ 様々な思惑の中、春高バレーの戦いは続く。大石練たち黒曜谷高校の対戦相手は全日本ジュニアに選抜されたオールラウンダー寺沼を擁する朱雀高校。彼女は怪我でバレーを離れた時期があり、再びバレーの世界に戻ってこれた事を喜んでいた。練もスーパースター寺沼のファンで、対戦を楽しみにしていた。個性を重視する黒曜谷に対し、均質化されたチームの朱雀。朱雀の監督は黒曜谷のサラの父親という、因縁のある相手。周囲に求めるレベルが高過ぎて仲間にあたり散らす「狂犬」だった練と、怪我で荒れていた元ヤンの寺沼、その対決の結果はいかに。2019/09/21

なっぱaaua

6
あぁ、このキャラクター達は何と格好良いのだ。それぞれが熱い。あの甘えんぼのしえでさえだ。会長の考える次世代全日本、マジで見てみたい。黒曜谷から4名、うん、そう思う。会長の小田切学を選抜する眼力。物語としてはきっと終盤なのだが、1年に1冊なのでなかなか前に進まない。それでもこの物語は熱く、ワクワクしながら次巻を待つのだ。そして次世代候補にも選ばれている雨宮との対決。本当に実力があるのか、ただの策士なのか次巻で明らかにされるに違いない。日本橋先生、最後まで出演者を格好良く描き切ってくださいね。2019/10/17

Gaooo

6
弱さを受け入れることは敗退ではなく、闘い続ける意志を持つことなんだと思う2019/09/26

5
実は寺沼さんが最も惹かれるプレイヤーだったと思っていたので、その去り際が美しく描かれていてホッとする。残された朱雀の救いようも日本橋先生らしくてよい。ようやく試合らしくなってきた。一方、黒曜谷はまたもお馴染み主従逆転の流れだが、大人たちの思惑が絡んで、いつもとスケールが違う。動揺する犬神キャプテン、スーパーに変貌するサラ先輩(その実、心が壊れていそうだ)を救済するのは練か小田切か、それとも。練は次で大試練が必至だろうしなあ。晴れやかな決勝戦を見たい。乗り越えるべき課題は絞られてきたけど、まだ多い。2019/09/26

渡船カロカガティア

5
「なーんてね!ここで私達がシリアスになっちゃいけないんですよ!!」のシーン最高じゃないですか…。そのシーンの伊丹ちゃんも好きだ。伊丹ちゃんタイプじゃないのに心掴まれっぱなしだ。弱さは暴力だから他人の弱みにつけ込んだらダメ。白雲山こえー!黙って働いて自立してるフリしてればいつか普通になる。ほんそれ。一生自分に付き合ってくれるのは自分。今巻も額装しときたい言葉が山ほどあってメンタルが整う。そして鎌倉はバレーに噛まないのかと思ってたがそうかお前が鎌倉だったか…。2019/09/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14424716

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。