少女ファイト(11)

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

少女ファイト(11)

  • 著者名:日本橋ヨヲコ【著】/木内亨【作画監修】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2014/06発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063770094

ファイル: /

内容説明

全日本に初召集され、格の違いを身を以って知った練は、キャプテン桐生とエース高明寺の部屋を訪ねた。代表選手として死線を潜り抜けてきたふたりが練に教えてくれたこととは……。一方、唯一の家族である叔父と、代表メンバーの繭が付き合っているところを目撃し、ひどく落ち込んでいた隆子。練の励ましにより立ち上がり、ついに本気になる。練と隆子が、黒曜谷高校の黄金世代で、全日本不動のミドルブロッカー・繭に挑む!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カッコー

25
全日本の合宿に参加した練。隆子を含めた高校生組4人と全日本レギュラー組、みんなキャラもバレーの実力も突き抜けている。あの練でさえ自分の実力不足に打ちのめされてしまい図らずもいままで辞めていった中学の部員達や学の気持ちが分かったり。隆子も叔父への愛と繭への殺意という歪んだ動機ながら本気でプレーをするようになったし得たものは多かったと思う。春高が楽しみ。2015/05/28

sskitto0504

24
日本代表編でしたね。やっと唯の頑な理由が明かされましたね。家族がほしい。かなり大きな、でもある人には当たり前な家族というものがほしいんですね。少しは気持ちが解かれることを願います。またチームに戻り、どうなることやら。次も楽しみ。2014/11/06

_mogura19

16
隆子の愛が回りまわって正常化するかな? とか、とりあえず日本代表先輩人がフリーダムすぎて笑った。しかし、繭氏については、かなり印象が違っていいギャップだった。練が一つ目標意識というか、ちゃんと1試合勝ちきることの重要性を天国の姉から諭されたことに大きな意味があったように思う。2014/06/29

JACK

7
☆ 全日本女子バレーの合宿に呼び出された大石練。彼女は自分の実力が全日本の先輩に通用しない事を思い知らされる。全力を出しても手も足も出ない。それは圧倒的な恐怖だった。全日本のメンバーには練の姉、今は亡き真里のチームメイトもいて、練は真里の呪縛から抜け出せないでいる事を実感するのだった。「もし誰かと心が通じ合えたらそれは素晴らしいこと。でも、わかり合えないことがわかるのも同じように素晴らしいこと。」という全日本の先輩、繭のセリフが素敵でした。2014/06/24

supaca

6
練と隆子ですら歯が立たない日本の頂点の実力に驚き。2人がそれぞれの理由でボロボロと崩れていく様子は見てて辛かったけど、立ち直ったようで安心した。隆子の人間味みたいな物も見えてきた。練も精神的に強くなったなぁ2014/07/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8107752

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。