少女ファイト(17)

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • 電子書籍
  • Reader

少女ファイト(17)

  • ISBN:9784065202616

ファイル: /

内容説明

春高バレー準決勝にコマを進めた黒曜谷高校。
彼女たちの前に立ちはだかるのは、因縁の相手・雨宮摩耶率いる青磁学園だ。
練にとって青磁の主要メンバー4人はかつて袂を分かった元チームメイトでもある。

勝つのは、仲間との信頼で結ばれた黒曜谷か、それとも雨宮が仲間を支配する青磁か。
波乱必至の決戦の幕が、ついに切って落とされる!


なぜ、この漫画には“自分”がいて、同じ悩みを抱えているんだろう――。
連載14年、「青春漫画の金字塔」待望の最新巻。
己の試練に立ち向かう少女たちの人間賛歌、ますます白熱!
「過去も未来もいらん 今はこの試合だけ感じな」。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

JACK

12
☆ 春高バレー準決勝へと進んだ黒曜谷高校。対戦相手は主人公の大石練と因縁のある面々が集まる青磁学園。仲間と信頼で結ばれた大石練は試合の裏で暗躍する大人たちや対戦相手の思惑は無視してバレーに集中しようと声をかける。一方、仲間を心理的に操る青磁の雨宮摩耶は黒曜谷への悪意ある発言を繰り返し、心理的に崩しに来る。青春の大事な瞬間に様々な大人の思惑と生徒の悪意が盛り込まれている重い物語。しかし、台詞にハッとさせられる事が多く、読んでよかったと思える作品。この物語が心に効く「読む処方箋」だという評価は的確だと思う。2020/07/23

ブラフ

10
【再読】18巻買ったので思い出すために再読。2022/01/25

緋莢

10
春高準決勝。黒曜谷の相手は青磁。といっても、試合前日にはサラの気持ちを聞いた鏡子と雲海が動き、結果的に三國会長の思い通りの展開に。さらには青磁の監督が急遽変わり、思わぬ人物がコーチに!と一筋縄ではいかない 辺りは、相変わらず。むしろ、そういうコート外のアレコレに惑わされない 黒曜谷の面々の成長が凄い(学は、試合中にややブチ切れちゃいましたが) と見るべきなのかもしれません。最後の練、試合中の相手チームの選手の素晴らしいプレーを 讃えられる精神に、それに対する亜莉の返答が素敵でした。2020/09/11

コリエル

5
雨宮さんが怖いってそりゃ怖いよね好奇心で家族を殺すようなやつ。色んなキャラクターの愛憎が入り乱れる巻だったけれど、今回はその実それを端から眺めていた亜莉というキャラクターの主役回だったようだ。2023/06/06

3
4.5 新刊読了。準決勝vs青磁戦、直前の駆け引きから3セット目まで。さんざん暗躍してきた雨宮の目的は「練を勝たせること」らしいが、勝たせてどうしたいのかその先が不明。いずれにせよ歪んだ欲望があるのだろうが、その執着が恋愛感情に近い何かなのか、あるいはまったく別物なのか、共感できないから想像もつかない。三國・犬神・鎌倉家のドロドロも、結局三國会長の掌の上という感じ。例の計画書はわざと放置されたものだろうが、内容は気になる。ここまで来て青磁に負けることは考えられないが、雨宮の正体と結末は気になる。2020/07/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16016525
  • ご注意事項