あすかコミックス<br> トリニティ・ブラッド 第21巻

個数:1
紙書籍版価格 ¥462
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

あすかコミックス
トリニティ・ブラッド 第21巻

  • ISBN:9784041069578

ファイル: /

内容説明

エステルの前に立ちはだかる“世界の敵”カイン。あらゆる攻撃を無に還すカインによって、次々と味方が倒されていく。エステルの心に絶望が広がっていく中、死んだはずのアベルの棺から強く殴りつける音がして!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ozoz

9
完結ぅぅ。長きにわたり美しく描かれた世界。終わりなんですね。あぁぁ。原作が未完なだけに完結という楔を打つ覚悟も美しい。感謝です。「いってらっしゃい。負けないで」言葉もぶっとい。アベル、カイン、エステル、登場人物みんなが自身の戦いに挑む瞳に魅了されました。2019/04/28

猫暮

7
吉田先生が亡くなって随分経ちましたが、作品の面白さは色褪せていません。できればエステルとアベルのその後が読みたかった。吉田先生がご存命だったら…と何度思ったことか。九条先生が最後まで描ききってくださったことに感謝。希望ある良い終わり方でした。 2018/06/25

鳩子

7
終わってしまった・・・。出来れば、続きを九条版で見たかった・・。九条先生が書くなら、きっと吉田先生も許してくれたしと思っていたけど、茫漠たる未来が広がっている今の状況で終わるのも、いっそ良いのかもしれないな・・と。 九条版のエステル、大好きでした。 華麗な絵柄と激しいアクションが同居した奇跡のような作風は、本当にトリブラにピッタリだったとと思う。2018/06/23

よねはら

6
エピローグでありプロローグでもある。きっちり描き上げてくださったことに感謝申し上げます。互いに支え合い、負けないでと鼓舞するアベルとエステルの姿は美しいの一言です。何度でも言わせてください。「ああ、やっぱ続き読みたかったなあ」2018/06/28

茶器

5
最終巻。読み終えた後、「ほんとうに終わってしまったのだ」と思うと同時に満たされた気持ちになりました。両先生に感謝と敬意を。九条先生の描く『軍靴の響き猛き国』の物語も読んでみたかったです。2018/07/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12882223

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数21件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす