あすかコミックス<br> トリニティ・ブラッド 第16巻

個数:1
紙書籍版価格 ¥460
  • Kinoppy
  • Reader

あすかコミックス
トリニティ・ブラッド 第16巻

  • ISBN:9784049250794

ファイル: /

内容説明

アベルが殺された。悲嘆に暮れるエステルだが、薔薇十字騎士団の暗躍により、アルビオン王女である事が公に。王位を狙うメアリは、エステルの抹殺を決意するが…?「茨の宝冠」編スタート!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

17
とうとう、未完ゆえに最終巻となった第一部の終幕、「茨の王冠編」、スタート。九条さんは、あとがきで「カインのようなしがらみも善悪の区別もない狂気は羨ましいのかもしれない」という見解について考えてみました。火星編では荒れることで定められた人生への鬱憤を表面化していたアベル。しかし、いつもにこやかである反面、家族以外の全てを強く、憎んでいたカインの方が辛かったのではないでしょうか。だからこそ、全てを滅ぼすために家族の情を捨てても破壊神でもあるクルスーニク01と完全融合したのかもしれないと思うと無性に哀しい。2014/03/28

紅羽

6
アベルの衝撃的な死がかなり印象的です。何だか同誌で過去連載されていたCLAMPさんのXに匹敵するくらい、リアルでグロめな遺体描写ですね。その遺体を狙うカイン、そして明かされ始めたエステルの出生。物語が一気に動き始めました。死を前にしたカテリーナさんのエステルへの嫉妬心がどんな結末を迎えるのかも気になります。2013/03/26

よねはら

5
カインに対する九条さんのコメントから、吉田さんへのリスペクトを感じてちょっと嬉しくなってしまいました。カインのように普通の価値観が全く及ばない狂人って、かえって魅力的に見えてしまうものです。ついに「宝冠」編で何だか寂しいですが、これからの激動ぶりがどう描かれるのか楽しみです。2013/03/26

まお

4
アベルの首なし遺体という衝撃映像で締めとなった前巻の続き。内臓眼球血みどろ……!これ少女マンガ雑誌で連載してるんだよね?すごいなあ。ヴァネッサが無事だったのはよかった。彼女と教授の会話はこの巻唯一の和みどころ。それにしてもカインとアベル、フランチェスコとカテリーナ、そしてメアリとエステル。トリブラは深刻な確執を抱えた兄弟率高し。原作を読み返したくなった。2013/03/24

神野

3
王冠編。原作を何度も読み返していたので、話の展開、ラストは分かってるのですが、九条先生がどう描くのが楽しみです。九条先生の絵とキャラ達のイキイキ&ノリノリ感などが好き。この王冠編は特に登場人物の動きや変化が激しいので・・・。この巻は、教授のビックリ発明が唯一と言って良い程の癒し&笑いのツボ。この王冠編を書いたあと、新しい話を書いている途中で原作者の吉田先生が亡くなられたのが、未だに残念でなりません。2013/05/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6416573

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数21件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす