バンチコミックス<br> 応天の門 5巻

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • 電子書籍
  • Reader

バンチコミックス
応天の門 5巻

  • 著者名:灰原薬【著】
  • 価格 ¥517(本体¥470)
  • 新潮社(2016/06発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784107718839

ファイル: /

内容説明

宮中の権力を握らんとする藤原基経が帝に進言した「魂鎮めの祭」の開催、その警備を任された業平は……!? 一方、道真も伴善男に降りかかったある出来事の解決を頼まれることに……!? ついに、門の内の鬼たちが動き始める!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

星落秋風五丈原

84
第一巻からじわじわと伴家と藤原家の対立を描いてきた本作だが、緊張関係が頂点に達するのはタイトルに挙げられた応天門の変であり、恐らくラストにこの事件を持ってくるのではないかと思われる。さて、今巻はプレ・応天門の変とも言うべき事件が起こる。表紙の人物が某人物を殺そうと計画を練る一方で、伴家の某人物も、藤原一族を狙って行動を起こす。華やかな宴と宮中に渦巻くそれぞれの悪意がいいコントラストを為している。表紙でピンを張っているこの人、養父・良房に比べるとどうも詰めが甘く小物感が漂う。2016/03/09

またおやぢ

82
藤原基経の発案で開催された「魂鎮めの祭」。藤原氏の力の誇示か、はたまた別の思惑が有るのか。反藤原の筆頭である大納言 伴善男の身を襲った災厄を払うべく、伴家に赴く道真…藁の中の針一本を探すような、地道で且つ政治的思惑が交錯する出来事に立ち向かう若き道真の才気溢れるシリーズ第5巻。しかし、絵が綺麗なのは読んでて楽しいですわな。はい。2016/06/09

辺辺

75
藤原家って本当に怖い怖い。睨んだ通り大納言に毒を盛ったが、道真の活躍で命拾いしたのに、ほっとした。官中はなんて恐ろしい処なの?陰謀と策略と権力争いの渦に巻き込まれていく道真、この先、目を付けられそう。終盤に登場してきた唐人はなにものなの?そこも気になるので、早く続き読まないと。それにしても、シリアスな内容と逆に本郷正人さんの解説で明かされる「平安貴族の一日」のラストコメントに吹いた。「ちっ、リア充め、爆発しろ」だって、爆笑。2016/11/10

こむしゃん@睡眠第一

68
宮中の鬼・藤原家がとうとう動きだした。藤原基経が帝に進言した「魂鎮めの祭」が開催された真意は? 道真は祭り嫌いで祭りには参加しなかったものの藤原氏騒動には巻き込まれてしまい・・・そして、また長谷雄が美人に惑わされ、波乱を持ち込んだようで・・・今回はそれぞれに動いていた業平&道真コンビですが、次回はコンビの活躍がありそうです。2016/06/13

佳音

61
読みましたわ・・・。面白かった~!あい変わらずのクオリティね。傀儡どころか、清和帝が少年らしく一番まともで利発にみえるけど。基経ったらやりたいほうだい。良房じさまも辟易よ。次回は唐の宦官(推定)さまもからみ、道真、業平が、どう活躍するか楽しみ。4巻から登場した藤原常行の動向も見逃せぬ。高子さまも?2016/03/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10488645
  • ご注意事項