小学館文庫<br> 逆説の日本史8 中世混沌編/室町文化と一揆の謎

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,012
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

小学館文庫
逆説の日本史8 中世混沌編/室町文化と一揆の謎

  • 著者名:井沢元彦【著】
  • 価格 ¥1,012(本体¥920)
  • 特価 ¥708(本体¥644)
  • 小学館(2016/04発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784094020083

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

下克上の世になぜ、日本歴史上有数の禅宗文化が花開いたか?日本史の常識を覆す全日本人必読の新・日本史!

室町時代といえば足利尊氏が南北朝の混乱期を経て武家政権を確立した1336年から織田信長によって将軍足利義昭が追放された1573年までの間を指すが、本書は“天皇になろうとした将軍”足利義満の権勢の後、室町幕府の弱体化が進行する過程に焦点を絞り、来るべき群雄割拠の時代の予兆を詳述する。“無政府状態”と化した時代―下克上の世になぜ、宗教の力が全国に及び、日本歴史上有数の禅宗文化が花開いたか、その謎に迫る痛快日本史、必読の書。

目次
第1章 「懶惰(らんだ)の帝王」足利義政編-「無責任」将軍が招いた応仁の乱
第2章 日野富子と傀儡政権編-「半将軍」細川政元のクーデター
第3章 国一揆と一向一揆編-律令制度の崩壊と新しい土地システム
第4章 室町文化の光と影編-忘れられた日本文化のルーツ
年表
※お使いの端末によっては、図の一部が読みづらい場合がございます。

目次

第1章 「懶惰の帝王」足利義政編―「無責任」将軍が招いた応仁の乱(室町幕府を弱体化させた「天皇の軍事問題」;一揆勢の「徳政令」公布要求を武力弾圧できなかった理由 ほか)
第2章 日野富子と傀儡政権編―「半将軍」細川政元のクーデター(将軍義政の失政に拍車をかけた日本史上最大の“悪妻”;京都「七つ口の関所」の入場料を横領した“強欲ぶり” ほか)
第3章 国一揆と一向一揆編―律令制度の崩壊と新しい土地システム(畠山義就vs政長の軍隊に「完全撤兵」を要求した住民パワー;天才政治家細川政元が気付かなかった「惣国」の落とし穴 ほか)
第4章 室町文化の光と影編―忘れられた日本文化のルーツ(世阿弥の正体と「能面」の仕掛け;将棋、この日本文化の最高峰 ほか)

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

143
室町時代の続きというところで、悪女の代表のようなところも書かれています(日野富子)。また時たま書かれる、現代との関連では一揆についてのマルクス主義者の考え方を揶揄したりしています。この巻で読み出があったのは、最後の文化論のところで、能の話や将棋の話が楽しく読めました。このような題材を選んでくれるとこの時代も楽しく学べるのではないかと思われました。2016/04/06

みやこ

68
想像してみる。もしもこの時代の京の住人だったら?……無理!絶対無理!と白目を剥きそうになるカオスっぷり。自分のことしか考えていないオレオレ主義に端を発した戦いと無責任政治の結果、土地は荒れるわ年貢の徴収はキツイわで究める困窮。住人が怒って立ちあがるのも道理。で、もう一度想像してみる。もしも決起する側だったら?自分で集団をまとめていく才覚があったら、奮い立つだろうと思う。そんなカオスな時代に現代へと繋がる日本文化の礎が築かれたことがとても興味深い。特に折り紙の凄さには瞠目。ちびっこたちともっと楽しもう。→2019/06/15

takaC

63
その辺は自分的には知識薄な時代なのでいろいろ興味深い情報を取得できたのはありがたいが読むのに疲れた。最後の方の室町文化絡みの将棋や折り紙の話が意外と面白かった。2017/02/09

ころこ

36
古代から中世の土地制度、それに関わる経済制度が上手く説明されています。荘園という言葉の意味を初めて考えました。「あれは農地ではない、庭園だから生産性が無い」と納税を免れるというのは、地目を農地とし、実態は遊休地として脱法行為を行うという最近まであった方法に酷似しています。形式的に法律を適用するように見せかけて、真に法律を守ろうとしない日本人らしい悪癖がこの頃からあったのを痛感します。信長の関所の廃止の反動で家康の関所重視の姿勢になり、市中で自身番になり、やがて交番になる歴史的経緯を興味深く読みました。2020/02/22

デビっちん

26
○○一揆と歴史の教科書には記載されていますが、なぜその一揆だけが強調されているかは疑問にも思いませんでした。以前にも以後にも同じような一揆が起きていたのは容易に予想できていたのに。その理由と理屈がわかって、歴史の読み方がまた変わった気がしました。今話題の藤井フィーバーに沸く将棋の説明がされていて、戦争ゲームだとばっかり思っていた将棋が、実は○○ゲームという解説には目から鱗が落ちました。確かに、そっちの方がしっくりきます。お茶やコーヒーの本来の意味もわかって、色々と驚かされた巻でありました。2017/07/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/526230

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数24件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす