フローリスト2024年4月号

個数:1
  • 電子書籍
  • ポイントキャンペーン

フローリスト2024年4月号

  • 著者名:フローリスト編集部
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • 誠文堂新光社(2024/03発売)
  • 初夏を満喫!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/19)
  • ポイント 300pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

【第一特集】花選び、束ね方、ラッピングまで 花束作りのテクニック
花材選びから下処理・束ね方といった、花束作りの基本を橋口学さんに教えてもらいました。花束作りにおいて欠かせない色合わせについては、SNSでも大人気の小野寺衆さんが解説。ほか、おしゃれなラッピングの仕方、リボンメーカーが伝授する、基本のリボンの結び方、そして話題の花店に花束を作ってもらいました。

【第二特集】duft 若井ちえみ 第2章
お店を移転・リニューアルさせた「duft」の若井ちえみさん。お店作りにおいてこだわったことから、ライフステージが変わり働く環境を変えたことなど、今の気持ちを伺いました。素敵なお店の内装・コンセプトも必見。

【Interview】花を育てて暮らしを彩り、緑の資源として土に還す ベルリンの循環する花店 Marsano
ヨーロッパは、エコな花店が増えています。今回は、自社農場において、自分たちで無農薬栽培で花を育て、その花をドイツ・ベルリンの中心部にある店舗へ運び、そして販売する、「Blumen Marsano」の活動を取材しました。

目次

見聞/渡辺礼人
目次
好奇心と行動力で誕生した センスが光る花とワインのショップ ハナトシズク
自由な花屋リトルの事始め 壱岐ゆかり/花農家の思いをつなぐ
[第1特集]花選び、束ね方、ラッピングまで 花束作りのテクニック
[第2特集]duft 若井ちえみ 第2章
花を育てて暮らしを彩り、緑の資源として土に還す ベルリンの循環する花店 Blumen Marsano
花束の解剖学/ほどよいバランスの花束を作る 梶谷奈允子/花束とラッピングのバランスを検証する
季節の枝物 永塚慎一/4月の枝物:ベニギリツツジ 5月の枝物:ギンコウバイ
ボタニカル・メタモルフォーシス 植物の解体と再構築 丹羽英之/スイートピーの美しさを見せる造形
オランダ発 春を祝う「パステラマム」
プリザーブド・プラス 大地農園/特別な日に贈る、優しい花束 花弁にゴールド
江口美貴が提案する「フレンチ・禅スタイル」
フラワーデザイン・スクールガイド 2024 SPRING
ある日のひと皿/野村友里×高橋ヨーコ
FLORIST PICK UP! BOOK、CINEMA、ART
FLORIST TOPICS
次号予告
バラの解体図譜/ミルクティー
草木育種/塩津植物研究所
フローリスト花散歩 花福こざる/チューリップ
ハナノコエ 珠寳/生命力

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数107件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす