文春文庫<br> 京都感傷旅行 十津川警部シリーズ

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader

文春文庫
京都感傷旅行 十津川警部シリーズ

  • 著者名:西村京太郎【著】
  • 価格 ¥680(本体¥619)
  • 文藝春秋(2020/12発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

安倍晴明、小野篁の伝説が蘇る。京都歴史ミステリー。

還暦を迎えた沢田秀一は、大学時代の「鉄道友の会」の仲間と、
かつて交際した西野京子が営む京都の料亭旅館で再会した。
だが、仲間の男は「私は、欺されたのか?」とメモを遺し不審死を遂げ、
さらに京子の生家は陰陽師だと詮索した女も遺体で見つかった。
10年前、 東京で起きた事件との関連に気付いた十津川警部は京都へ向かう。

陰陽師は、人を、殺せるのか。
千年続く呪法と古都の闇に、十津川警部が挑む。

※この電子書籍は2018年4月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。