満州アヘンスクワッド(1)

個数:1
紙書籍版価格
¥726
  • 電子書籍
  • Reader

満州アヘンスクワッド(1)

  • ISBN:9784065204672

ファイル: /

内容説明

【無料試し読み閲覧期間2024/4/5~2024/4/18】
「満州で一番軽いものは、人の命だ」
時は昭和12年。関東軍の兵士として満州にやってきた日方勇は、戦地で右目の視力を失ってしまう。「使えない兵隊」として軍の食糧を作る農業義勇軍に回され、上官に虐げられる日々を送るも、ある日農場の片隅でアヘンの原料であるケシが栽培されていることに気づく。病気の母を救うためアヘンの密造に手を染める勇だったが、その決断が自身の、そして満州の運命を狂わせていく…。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

akihiko810/アカウント移行中

22
2巻まで。満州国を舞台に、青幣のトップの娘と日本人の少年兵がタッグを組んで、新たな阿片販売ルートを切り開こうとする活劇譚。  面白い。本作はもちろんフィクションだが、実際の満州国はどこまでアヘン密売が食い込んでいたのか気になる。関連書籍を読んでみたい。 面白いので映像化してほしいがテーマ的に無理か?2023/07/21

のぶのぶ

21
 アヘンの魔力の恐ろしさを痛感。一度、使うと抜け出せない、中毒性の恐ろしさ。今の日本で、使用禁止になっていることは、とても大事なことだと思う。関東軍や満州国のことがよくわかる。勇は、母親のために、アヘンづくりをするが、このあと、どうなっていくのか楽しみ。前から気になっていた漫画。2022/11/20

山口透析鉄

16
この作品はコミックDAYS連載からヤンマガ移籍時にかなり無償公開されていたので、その時期にまとめ読みし、その後もマガポケで追っていますが、本までは購入していません。 旧満州国で阿片を売り捌く話ですから、基本、悪人ばかりが出てくる作品ですよね。 まぁ反日まんがとか間抜けなコメントもマガポケでは見ましたが、歴史的事実ですからね。2021/07/24

マサキチ黒

8
ふむふむ。クセのある絵が満州国の時代によく合う。第一巻は顔見世興行。ヒロインの麗華次第だなぁ。2022/10/24

魅乃乎minoco19860125

7
これも、最新巻まで読み終えてます。主人公たち、阿片を売りさばくアウトロ、、、根がいいやつばかりだから、目が離せなくなってしまった。。 そして、どんな意図を持って書かれているのかも気になる漫画。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16283777
  • ご注意事項
 

この商品を含むセット一覧

該当件数1件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす