星ナビ<br> 月刊星ナビ 2020年7月号

個数:1
  • Kinoppy

星ナビ
月刊星ナビ 2020年7月号


ファイル: /

内容説明

5月末時点で緊急事態宣言は解除されましたが、遠征や連れ立っての観望は難しい状況です。そこで、自宅や近所で星空を楽しむ「おうちで天文」の提案です。ベランダや庭、ご近所で夜空を見上げたり撮ったり、オンライン観望会に参加したりして、今を過ごしていきましょう。

6月21日夏至の日は、アフリカからインド、中国、台湾を通る金環日食です。そしてそれに伴う部分日食が、日本全国で見られます。全国各地での見え方や起こる時間、そして安全な観察方法とおすすめの撮影テクニックをご案内。

ディープな撮影派3名による、オーストラリアの南天星空旅行記。第1回は、3名それぞれの撮影戦略と準備、渡航用のパッキングノウハウを語ります。

ステラショットで「都会の星雲・星団撮影」にチャレンジする2回目。機材の組み立てから、難関のピント合わせに挑戦しました。

今年の6月10日は「時の記念日」が誕生してからちょうど100年です。「1秒」に注目しながら、「時」と天文学の100年の関係を紹介します。

90年の歴史をもつ京都大学花山天文台が、閉鎖の危機を乗り越えて存続されることになりました。多くのアマチュアを育てた聖地がめざす“夢”を描きます。

ニュースやトピックでは以下の話題を取り上げています。
・天文VTuber「宇宙物理たんbot」がクラウドファンディング開始
・小惑星パリスによる恒星食と6月の注目食現象
・新型コロナウイルスと天文普及

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数49件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす