星ナビ<br> 月刊星ナビ 2021年10月号

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

星ナビ
月刊星ナビ 2021年10月号

  • 著者名:星ナビ編集部【編】
  • 価格 ¥1,080(本体¥982)
  • アストロアーツ(2021/09発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 270pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

月刊「星ナビ」2021年10月号は、今、宵の空でちょうど見ごろの土星とそのリングを大特集。光街地で星雲を撮るディープな挑戦は、読んだら試したくなること請け合いです。伊能忠敬の「大日本沿海輿地全図」完成から200年の今年は測量と天測の関係をおさらいするチャンスですよ。

8月に木星と土星が相次いで衝を迎えました。9月から10月の2大惑星は夜半前には南中し、両者を交互に観測することができます。それぞれの特徴に合わせた観察テクニックを詳しく解説しました。

土星のユニークで美しいリングは、いつごろどのようにできたのか。探査機カッシーニが送ってきた膨大なデータからその形成時期や現在進行形で変化する様子、そして消滅の可能性と時期についてスポットをあてました。

遠征が難しいこの頃、自宅で天体写真を撮ってみようという人も増えているのではないでしょうか。住宅地での撮影の悩みは何といっても明るい空。地方都市の市街地レベルの光害の下で星雲撮影を楽しむための試行錯誤やいかに。

200年前に「大日本沿海輿地全図」が完成しました。伊能忠敬率いる測量隊の高精度な地図作りを支えた「天測」とはいったいどのようなものだったのか。今一度彼の偉業を振り返りましょう。

「1等星21個を有名度合いでランキングしたらどう並ぶかなぁ?」そんなつぶやきから始まった「1等星の知名度アンケート調査」の顛末です。

ニュースやトピックでは以下の話題を取り上げています。
・7月22日未明、西村栄男さんが自身2つ目となる彗星発見
・サイトロンジャパンの大阪ショールームがオープン
・天体写真、構図の基本をマスター
・朝方の東の空で水星を見つける
・マユコのラボ訪問 統計数理学×電波観測

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数48件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす