GCノベルズ<br> 転生したらスライムだった件12

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader

GCノベルズ
転生したらスライムだった件12

  • ISBN:9784896376982

ファイル: /

内容説明

順調に勢力拡大を続けるテンペストに向け、ついに『東の帝国』が動き出した。
未来を知る少女“勇者クロエ”の話では、とある時間軸で、その帝国によってリムルが討たれ、テンペストが崩壊したという。
今はその時とは違った運命線にいるとはいえ、可能性が消えたわけではない。
警戒を強めるリムルであったが、そんな折、帝国の密偵がテンペストに潜入する――。
シリーズ累計450万部突破! 大人気モンスター転生ファンタジー、最新刊が登場!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あーさん★まおりゅうにハマってるよ!(≧▽≦)

69
初版は文章間違いが多くて、一瞬怯むが、内容は面白いから何とかサクサク読めた。2019/09/09

☆よいこ

62
転スラ⑫戦争前夜編。ユウキVSギィ。クロエVSギィ。リムルがやっとディアブロたちの正体を知り驚愕w。帝国のスパイで迷宮の力確認。テンペストは部隊編成を整え着実に戦力アップ。ユウキが簡単に出世してチート。テンペストVS帝国戦、テンペスト負ける気がしない。▽恐怖や脅しで治世してもトップの理想を押し付けるだけで、周りが育たない。結局はトップの弱体化につながりいいことはない。多様性と自由意志、将来の可能性と希望をつなぐことが、トップと全体の幸せになるのだと語る。転スラの大きな魅力は、理想を語る点だと思う。2021/02/02

まりも

41
祝アニメ化。帝国との戦争に向けて、リムル達が着々と準備を進めるシリーズ第12弾。リムルが知らないところで、アダルマンをはじめとしたメンバー達が超進化を遂げる。そんな今回。大国との戦争を目前に控えているけれど、いつもと変わらず賑やかで悲壮感や不安感を一切感じさせないのはさすリム。迷宮十傑だけでもオーバーキル気味なのに、そこに幹部も加わるんだから、そりゃ余裕にもなるわな。とは言えギィの思惑やユウキの存在、そして皇帝のスキルと不安の種はある事だし、今後の展開が気になりますね。次巻どうなるのか楽しみです。2018/03/10

こも 零細企業営業

37
帝国は戦争の準備を開始し、それを迎撃するリムル達も色々と準備を進めている。そんな中、帝国に逃げたユウキが暗躍し、迷宮への偵察に異世界人達が潜入し破竹の勢いで攻略を進めて行ったが、、、60階層でワイトの司祭とスケルトンの元聖騎士に撃退される。そのあまりの強さと、テンペストのあまりの快適な生活に心が折れかかるwwそんな彼等の師匠が訪問して来たら、、その師匠とワイトの司祭が親友だったと判明w呆気なく彼等は裏切りましたとさ。そして、最後はヴェルドラさんのお姉様と皇帝が登場し、戦争が始まる。 終わり方がイケズ!w2019/10/02

た〜

35
戦争準備の話。今までは噂に上るだけだった帝国の内部の話が中心かな。こちらもかなりの内部抗争をはらんでいそう。約1名のひとり負けの予感2019/03/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12654707

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。